メンズ・キッチン「豚肉とナスのピリ辛丼」

栄養満点!メンズ・キッチン

「男子厨房に入らず」の時代はもう終わり。とはいえ、自分や家族の健康ために料理上手になりたくても、何から手を付けていいか分からない…。そんな男性のためのクッキング体験記&レシピをご紹介。「男の料理」から一歩進んだメニューをマスターして、真の男前を目指そう。

今月のテーマ: 夏バテした体を元気にする

豚肉とナスのピリ辛丼
ビタミンB1と野菜で疲労回復


クッキング体験! 今回の体験者:青木清久さん

朝、昼、ティー・タイム、夕方の決まった時間の食事が習慣で、食べることに手は抜きません。ただ自分で料理するとなると、週2~3度の朝食やパスタ料理くらい。将来もし1人になっても困らないように料理を勉強中です。


才川先生からのアドバイス

本来、夏バテとは「暑い夏が続き体力が落ち、秋口に体調を崩すこと」。暑いとどうしても、そうめんやそば、清涼飲料水やビ-ルなど炭水化物の多い食生活に偏りがちです。しかし、これらをエネルギーに換えるビタミンB群を摂取していないと、うまくエネルギーに変換できず、疲労物質も蓄積されてしまいます。
 ビタミンB群は、豚肉や鶏肉、魚介などに豊富に含まれおり、特にビタミンB1(糖質をエネルギーに換える働きがある)は豚肉、ハム、ベーコンなどに多く含まれています。今回は、みそで甘辛く味付けした豚ミンチと、電子レンジで丸まま加熱したナスを、熱々のご飯の上に乗せていただきます。意外ですがナスとご飯の相性は抜群です。

■レシピ、調理指導:才川須美(管理栄養士&食育インストラクター)
プロフィル◎シドニーで料理教室を開催中。今年の料理教室は「進化する和食」をテ-マに、ご飯に合うおかずを紹介。夜のクラスではグラス片手に楽しく料理が学べる。「一昔前と違って、男性が料理を作れるのは今や常識? 男性ならではの素敵なアイデアをキッチンで生かしてください」
Web: www.sumiskitchen.comまたはwww.facebook.com/sumiskitchen.sydney

夫人の厳しい指導(?)を受ける青木さん
夫人の厳しい指導(?)を受ける青木さん
ナスはへたの周りと縦に切り込みを入れる
ナスはへたの周りと縦に切り込みを入れる

ショウガとニンニクは豆板醤と炒めて香りを出す

ショウガとニンニクは豆板醤と炒めて香りを出す

■材料(4人分)

ナス 1~2個
豚ひき肉 300g
ニンニク(みじん切り) 2片分
ショウガ(みじん切り) 2片分
豆板醤 大さじ1杯
ゴマ油 大さじ1杯
小口切りのネギ 適宜
花椒(実はつぶして細かくする) 適宜
ご飯 適宜
   
<合わせ調味料>
みそ 大さじ1杯半
大さじ3杯
砂糖 大さじ1杯
みりん 大さじ2杯
しょうゆ 大さじ1/2杯
水溶き片栗粉 片栗粉大さじ1/2杯+水大さじ1杯

■作り方

① ナスは熱の通りを良くし、むきやすくするため、切り目を数カ所入れてから、丸ごと電子レンジで加熱する(1,000ワットで3分強)。冷めてから皮をむき、ひと口大に切る。

② フライパンに油を敷いて、ニンニク、ショウガ、豆板醤を加え、香りが出るまで炒める。香りが出たら豚ひき肉を加え、ポロポロになるまで炒める。

③ 合わせ調味料を加えて4~5分ほど煮る。沸騰していることを確認して、水溶き片栗粉を加えてとろみをつけ、花椒を加える。

④ 丼にご飯を盛り、①のナスを載せる。③のあつあつの肉みそを上からかけ、刻みネギを飾って出来上がり。

体験後コメント

夏バテ気味のこの季節にぴったり。私にもできる料理で、とても参考になりました。火加減や、手際良く進めることに手こずりましたが、経験あるのみ。頑張って「自分の料理」にしようと思います。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る