第5章 南オーストラリアで楽しむ 海の幸、極上ワイン、大自然リゾート

食の宝庫オーストラリア
ミナミマグロの養殖生け簀ではマグロと一緒に泳げる観光アトラクションもある(Photo: SATC)

MASUYA GROUP CEO  —KEN定松が歩いた—

食材の宝庫   オーストラリア

第5章 南オーストラリアで楽しむ
   海の幸、極上ワイン、大自然リゾート

 今回は南オーストラリア(SA)州の州都アデレードを起点に、海産物の町やワイン産地、自然に恵まれたリゾート島を巡るフード・ツーリズムをご紹介したい。

■水産養殖業で栄える漁師町
〜Port Loncoln〜

 アデレード空港へはシドニーから飛行機で1時間45分。そこから50分のフライトを経て到着するのが、マグロ養殖で知られる町、ポート・リンカーンです。私たちを出迎えてくれたのはSA州政府観光局で、地元食材と州観光の促進を担当するベネッサさん。彼女の案内で、ミナミマグロ(Blue Fin Tuna)の養殖で世界的に注目される地元企業「クリーン・シー・カンパニー(Clean Sea Company)」を訪問しました。
 同社は、約15年前から日本の大学や企業とともに畜養マグロの技術開発を行い、今ではミナミマグロのほか、ハマチやスズキなども大規模に養殖しています。
 ポート・リンカーンには5つの大きなマグロ養殖会社のほか、アワビ、牡蠣、ホタテ貝、マローン海老などの養殖会社があり、当地の美しく栄養分豊富な海を利用した新しい時代の漁業が盛んです。
 我々は地元のワイナリー・レストラン「Boston Bay Winery」で、オーナー・シェフTony氏が創る新感覚の刺し身料理を楽しんだ後に、地元の食材生産者、ワイナリー、宿泊事業会社が共同で行う年間観光促進プロジェクトのディナー・ミーティングに参加しました。その夜宿泊したのは町の「Port Lincoln Hotel」。マグロ生産会社社長がオーナーであるためか料理が素晴らしく、彼らもぜひ日本人シェフが働いてくれることを望んでいるとのことでした。

食の宝庫オーストラリア
アジの干物や立派なサバ

 翌日は当地でラグジュアリーなホテル「Tanonga Luxury Eco Lodges」を経営している牡蠣生産会社「ナチュラル・オイスター社(Natural Oyster)」の案内のもと、世界一美しい環境で育てられいる牡蠣を視察しました。視察ではボート上で開けたての牡蠣を試食。その味は格別でした…。私は本来、大の牡蠣食いで、1人で軽く3ダースぐらいは食べられるクチ。しかし、なにぶん内気なもので、もっと欲しいと言えなかったのが心残りです(そして、できたらワインも一緒に…)。
 また、この地では水産物以外にも素晴らしい品質の子羊肉やチーズが生産されていることも付け加えておきます。
 その後、途中で立ち寄った鮮魚店「Austar Seafood Warehouse」で驚いたエピソードを。この周辺の地魚は、キス、鯛、スズキ、カワハギなどが有名ですが、ここで1尾400gはありそうなたっぷりと脂が乗ったサバが冷凍されていました。とにかくそんな大きなサバを見たのは初めてでしたので、ぜひとも産地直送でシドニーに取り寄せたいと思いました。また、季節が逆の日本への輸出も、十二分に可能だと思います。

食の宝庫オーストラリア
ペンフォールズのセラー・ドア

■豪州随一のワインの里巡り
〜Barossa/McLaren Vale〜

 SA州はバロッサやマクラーレン・ベールなど有名なワイン産地があり、国内のワイン生産の約半分を占める“ワインの里”でもあります。我々は、豪州ワインの実力を世界に示し、その歴史を変えた「ペンフォールズ(Penfolds)」をはじめ、「Torbreck」「Peter Lehmann」「Rolf Binder」「Coriole」「Fox Creek」などの有名ワイナリーを巡りました。
 搾りたてのブドウ・ジュースや、木からもぎ取ったワイン用のブドウを味わいつつ、2日間で合計して約100本を試飲。そして最後の夜は、ペンフォールズ内の「Magill Estate Restaurant」では、地元食材の料理とワインも存分に堪能しました。

食の宝庫オーストラリア
リゾート・ホテルからの眺め

■絶壁の岩上にできたリゾート島
〜Kangaroo Island〜

 私の今回の旅の目的の1つが、友人の陶芸家、マルコム氏が器を提供しているリゾートを訪れることでした。そこは豪州らしい豊かな自然が広がるカンガルー・アイランドにあり、海に向かって佇む豪華な「Southern Ocean Lodge」です。宿泊は1人900ドルと値は張りますが、食事はすべて込み。人生の記念日に、また、ハネムーナーなら2人きりの思い出深い旅行に最適です。
 さて、次回はブルー・マウンテンズで豪州最高品質といわれる和牛を育てる鈴木さんのご紹介とともに、エミレーツ航空がオープンしたラグジュアリー・リゾートを紹介します。
Enjoy your meal!

■読者の方へのプレゼント
 5月中に鱒屋グループ各店において、「ポート・リンカーン・ロール」と接客係にご注文いただいた方に、ポート・リンカーン産マグロを使用した鉄火巻きを無料でご提供いたします。
■Information
Boston Bay Winery
Web: www.bostonbaywines.com.au
Port Lincoln Hotel
Web: www.portlincolnhotel.com.au
Tanonga luxury eco lodges
Web: www.tanonga.com.au
Austar Seafood Warehouse
Web: www.buyseafood.com.au
PENFOLDS Magill Estate Restaurant
Web: www.penfolds.com/dining
Southern Ocean Lodge
Web: www.southernoceanlodge.com.au/


プロフィル
◎日本食レストラン「鱒屋グループ」社長。
肉体的にも精神的にも自分では38歳と信じている。
1961年生まれ。愛媛県松山市出身。A型
Web: www.masuya.com.au

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る