BEAUTY FRONTIER/「IVANKA」が教える正しいヘア・ケア

PR BEAUTY FRONTIER 美へのこだわりと想いを形にする匠の心 Vol.4

「IVANKA」が教える髪の基礎知識
正しいヘア・ケアについて

髪に悩む全ての人たちのために──。東京・代官山に本店を構え、髪の質を美しく健康にすることで知られる美容室IVANKA(イヴァンカ)。シャンプーを始めとするオリジナル製品は、女優やモデルはもちろん一般の人びとからも多くの支持を得ています。高い評価を受け続けるIVANKAにまつわるさまざまな物語を、4回にわたってご紹介。最終回となる今回は、髪に関する基礎知識と正しいヘア・ケアの方法です。

「イヴリントン天然生シャンプー」(左)と「イヴリントン天然生トリートメント」(右)
「イヴリントン天然生シャンプー」(左)と「イヴリントン天然生トリートメント」(右)

髪や頭皮に関する正しい知識を身に付けていれば、日常生活の中で改善できることはたくさんあります。今回は、よくあるケアの間違いや、知っておきたい髪に関する知識をご紹介します。

ドライヤーは髪に悪い?

ドライヤーの熱は髪を傷めると思っている人は多いと思います。しかし使い方さえ誤らなければ、必ずしも悪いものではありません。

濡れた髪はとても繊細で、そのままにしておくと摩擦によるダメージを受けやすく、ドライヤーを使わずに自然乾燥させた髪はクセが出やすくなります。また、濡れたままだと、冬場には頭皮も冷えて血行が悪くなりますし、夏場には湿気によって細菌が繁殖しやすくなるため、これが抜け毛や薄毛の原因にもなります。シャンプー後はドライヤーで正しく髪を乾かす習慣をつけましょう。

ただし、気を付けなければいけないのはオーバー・ドライ。ドライヤーを髪に近付け過ぎたり、同じ部分に長時間使用したりすると、髪が高温になり、ダメージを受けてしまうので要注意です。

市販のカラー剤は髪が傷む?

クラシック天然生ミスト 200m(l $130)は、天然ヒアルロン酸が潤いを与え、フラーレンがダメージ原因の活性酸素を除去し、ナールスゲンがコラーゲンを補い髪にハリを。天然のヴェールが強い日差しやドライヤーの熱から髪を保護します
クラシック天然生ミスト 200m(l $130)は、天然ヒアルロン酸が潤いを与え、フラーレンがダメージ原因の活性酸素を除去し、ナールスゲンがコラーゲンを補い髪にハリを。天然のヴェールが強い日差しやドライヤーの熱から髪を保護します

市販のカラー剤は誰でも簡単に使用できるよう、強い薬剤が使用されているのが普通です。最近ではトリートメント配合のカラー剤も販売されていますが、ダメージを避けることはできません。おしゃれを楽しむ上でカラーは欠かせないという人は、髪に負担の少ないカラー剤を使用することと、日々のお手入れが重要です。

IVANKA製品でケアすれば、アルカリに傾いた頭皮と髪を健康な状態のpH5.5前後に調えることができるので、カラー剤によるダメージを抑えられます。

毎日のシャンプーは抜け毛の原因?

クリアールエッセンス 140g($90)は、天然ヒアルロン酸・コラーゲンなどの各種天然成分が髪内部に深く浸透し、潤いに満ちた自然なツヤを取り戻す、髪の美容液。髪の潤いを増やすためのものなので、乾燥度合いにより何度でも使用できます
クリアールエッセンス 140g($90)は、天然ヒアルロン酸・コラーゲンなどの各種天然成分が髪内部に深く浸透し、潤いに満ちた自然なツヤを取り戻す、髪の美容液。髪の潤いを増やすためのものなので、乾燥度合いにより何度でも使用できます

シャンプー剤の中には、洗浄力が強過ぎたりコーティング剤や香料などの添加物が多く配合されたりしているものが多数あります。そうしたシャンプー剤で毎日髪を洗うと、油分を落とし過ぎることで皮脂の分泌が過剰になったり、添加物によって毛穴が目詰まりすることで抜け毛の原因になったりします。

だからといって、髪を2~3日洗わないのも頭皮にとって良くありません。毛穴からは毎日老廃物が排出されているからです。そのため、IVANKAが作ったシャンプーのように、汚れを落とすだけでなく頭皮と髪を健康な状態のpH5.5前後に保てるものを使えば、毎日洗うことで新陳代謝も活発になります。必要以上の抜け毛がなくなるのはもちろん、ハリのある健康な新生毛が生えてくる頭皮環境が作られます。

どんな食事が髪に良い?

無理なダイエットは、体だけでなく髪にも大きな影響を及ぼします。栄養不足になった時、最初に栄養供給を止められるのが髪だといわれています。

バランスの悪い食生活も、髪の育ちにくさや抜け毛の原因になります。そこで、バランスの良い食事を取るための合言葉「孫は優しい(マゴワヤサシイ)」を覚えましょう(下図)。

美しい髪のための栄養キーワード「マゴワヤサシイ」

「マ」は納豆や大豆、豆腐などの豆類。「ゴ」はゴマ、ナッツ、クルミなどの種実類。「ワ」はワカメ、昆布、ノリなどの海藻類。「ヤ」は葉物野菜やニンジンなどの根菜類。「サ」は魚、そして「シ」はシイタケやシメジなどのキノコ類。「イ」はサツマイモやジャガイモなどのイモ類を指します。これらを日々の生活の中で意識して摂取するようにしましょう。

生活習慣の改善も重要

睡眠不足やストレスなども頭皮の代謝を悪くし、これらが抜け毛の原因となる場合もあります。できる範囲で、生活習慣の改善と自分なりのストレス解消法を見つけるのが大事です。

今回まで4回にわたってご紹介してきたIVANKAのこだわりの物語、いかがでしたか? 使う人に心から喜んで頂けるよう、IVANKAはこれからも更に研究を重ねていきます。

◆セミナー開催のお知らせ
 自宅でできるヘア・ケアの方法や、頭皮と髪の仕組みなどをIVANKAサロンのスタイリストが分かりやすく説明する「IVANKAヘア・ケア・セミナー」をゴールドコーストで開催します。参加者にはIVANKA製品のプレゼントもご用意していますので、興味のある方はぜひお申し込みください。開催は2~5月頃の予定。詳しい日時は改めて日豪プレスでお知らせします。


新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る