【美容特集】夏の乾燥対策!輝くうるおいキレイを目指す

出典:『自然素材でつくるナチュラルスキンケア』手島佐枝子著/(株)東京堂出版、『肌に髪に「優しい石けん」』小幡有樹子著/祥伝社、『Aromatherapy An A-Z 』パトリシア・デービス著/ 「Vermilion」、スキンケア大学、日本化粧品工業連合会、「Australian Government Department of Health National Industrial Chemicals Notification and Assessment Scheme」ほか

朝晩の冷え込みに少し穏やかさを感じられるようになったのもつかの間、強烈な陽射しがジリジリと体を攻撃する夏がそこまでやって来ている。オーストラリアの強い紫外線が容赦なく降り注ぐこの季節に向けて、健康で美しい素肌、髪の毛を保つ上で重要なポイントの1つ「保湿ケア」について考えてみたい。
(構成・文=パティスン美幸)

油断大敵! 実は乾燥しやすい夏の肌

乾燥が怖いのは冬だけではない。暑い夏は、皮脂や汗の分泌で肌の表面はしっとりしていると思われがちだが、冷房や強い紫外線の影響、肌がべたつくのを理由に保湿ケアを怠る、といった要因が重なり、実は乾燥しやすいのだ。「乾燥」はあらゆる肌トラブルの原因となる、とてもやっかいな症状。まずは肌の基本的な構成と働き、保湿の仕組みを正しく理解し、夏のお手入れに「保湿」を上手に取り入れていく方法を探そう。

皮膚構造とターン・オーバー

一般に人の体を覆う皮膚と呼ばれている部分は「表皮」「真皮」の2層構造、またはその下の「皮下組織」を含む3層で構成されている。厚みは表皮と真皮を合わせても体全体の平均で2ミリ程度、もちろん顔の皮膚は最も薄く、中でもまぶたは0.6ミリと非常に薄い。

表皮(ひょうひ)

「表皮」は皮膚の一番外側に当たる部分で、厚さは0.2~0.3ミリ。この中でもさらに内側から「基底層」「有棘層(ゆうきょくそう)」「顆粒層(かりゅうそう)」「透明層(手のひら・足裏など皮膚の厚い個所にのみ存在する層)」「角質層」に分けられる。

基底層で作られた細胞は、分裂して上に移動しながら各層の細胞へと順次変化していく。この変化の流れを「角化」と言い、一番外側の角質細胞は一定期間その場に留まった後、表面からアカとなって剥がれ落ちていく。これがいわゆるターン・オーバーと呼ばれるサイクルで、その正常な周期は4週間とされていたが、最近では6週間という説も出てきているという。いずれにしても年齢が上がるにつれ、ターン・オーバーに要する日数が増え、その結果、肌のくすみやたるみといった問題が見られるようになる。

肌の一番外側を覆う角質層では、角質細胞がブロック状に重なり、その間にセラミドを主成分とする細胞間脂質がセメントのように入り込み細胞と細胞とを接着している。肌の水分をキープするためには、ここで角質細胞同士をしっかりとつなぎ合わせることがとても重要になる。その大役を担っているのがセラミドだ。

セラミド

細胞間脂質の主成分であるセラミドが、肌の保湿に大きく関与することがさまざまな研究によって明らかになったのはここ20~30年のこと。セラミドと結合した水分子は、湿度が0%まで下がっても蒸発せず、氷点下20度まで気温が下がっても凍らないという、まさに魔法のような成分だ。セラミドは肌の新陳代謝とともに作られるので、赤ちゃんの時が最も多く、20代の前半から下降の一途をたどると言われている。
 セラミドには6つのタイプがあり、その中で保湿に関係があるのはタイプ1と2。タイプ1のセラミドは、必須脂肪酸であるリノール酸が含まれておりバリア機能として働き、タイプ2のセラミドは水分を保持する役割を担っている。

 

セラミドを配合した保湿化粧品選び

セラミドの役割が解明されて以来、多くのメーカーが保湿、アンチエイジングに特出した化粧品としてセラミド配合の商品を発売している。原料が比較的高価なため、中には類似物質で本物が入っていないものもある。
「Ceramide」(セラミド)と記載があっても、その後ろに記号のような表示がついている場合は注意が必要。また、あまり安価なものはごく少量しか入っていないことも考えられる。セラミド配合商品を選ぶ場合は、成分にセラミド1、セラミド2と記載があること。単に植物由来であるといったようなイメージに惑わされず、人間の肌により近いセラミド成分であることを基準にするとよい。

真皮(しんぴ)

「表皮」を下から支えている「真皮」は肌のみずみずしさを保つ源とも言える。ロープ状のコラーゲン繊維が網目のように張りめぐらされ、クッション役として弾力性のあるエラスチンがサポートをする構造になっている。

その隙間を満たしているのは水分をしっかりと含んだゼリー状のヒアルロン酸など「基質」と呼ばれるもので、肌の内側と全体にうるおいをもたらす重要な役割を果たしている。これらのコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの生成や処理を行っているのが「繊維芽細胞」と呼ばれる細胞で、真皮の内部に点々と散らばっている。加齢や紫外線の影響によってこの繊維芽細胞が弱まることで、肌のハリがなくなったり、シワ、たるみの原因となる。

保湿のメカニズム


図1:皮膚の構造

私たちの肌の潤いを守っているのは、表皮の一番上にあたる角質層(または角層・図1参照)。健康な肌の角質層は、約30%程度の水分を含んでいる。この水分が20%を下回った状態が一般的に「乾燥肌」と呼ばれている。つっぱり感があるといった自覚症状を感じる時には、水分量が10%以下になっていることが多いというから恐ろしい!

私たちの肌には、必要な量の水分を自ら維持するというすばらしい仕組みが備わっているが、残念なことにその働きは年齢とともに低下していく。また、環境によって紫外線やほこりといった外的なダメージを受け続けることによってもサイクルが乱れ、症状が悪化すると自覚症状に加えて、肌の表面にも目に見える結果が現れることになる。

乾燥はあらゆる肌トラブルのもと

乾燥すると肌には一体どんなことが起こるのだろうか。まず、乾いた状態なのでシワができやすくなるとともに、細胞が硬くなることで肌全体も硬くなりハリが失われる。また、毛穴が目立って、肌の透明感がなくなる。さらに、あるべき水分が足りないために、細胞が本来の働きを果たせなくなり、トラブルをまねく原因となってしまう。例えば、正常な肌の状態なら外部からの不要な異物の侵入を防ぐ「肌のバリア機能」が働き、ターン・オーバーを助けてくれるが、乾燥した状態ではバリア機能が低下し、ホコリやウィルスなどの外敵から受ける影響を防ぎきることができない。細菌によるニキビの原因も、実は保湿不足という場合が多いのだ。

さまざまな肌トラブルを引き起こすもとになる乾燥を防いで、うるおいのある肌を保つためには細胞自体に十分な水分が保たれ、肌のバリア機能とターン・オーバーが正常に働いていることがとても重要だ。

水分だけでは保湿はできない

角質層は約0.02ミリメートルで、食品包装用ラップほどの非常に薄い層。硬いケラチンたんぱく質でできている角質細胞が10~20層ブロックのように積み重なり、水分を含む細胞間脂質がその間を埋め、表面は皮脂によって覆われている。

肌には外部からの異物の侵入を防ぐ「バリア機能」が備わっており、細胞同士を密着させることで、水や異物が肌の中に入り込むのを防いでいる。つまり肌の外側から化粧水などで水分のみを補給しても、角質層の深いところまで入り込むことはなく、そのままにしておくとやがて蒸発してしまう。逆にこの時、角質層に含まれる水分を奪っていくため過乾燥になることもある。

うるおいを守る保湿因子たち

角質層の中で肌の水分量を一定に保つ役割をしているのが、「皮脂」「天然保湿因子」「角質細胞間脂質」という3つの物質だ。水分を保持する能力の比率は、皮脂膜が2~3%、天然保湿因子17~18%、角質細胞間脂質が残りの約80%と言われている。この3つの要素が正常に働くことが保湿能力の決め手となる。それぞれの役割と働きは次の通り。

皮脂(水分を保つ膜)


図2:角質層拡大図

皮脂腺から分泌される脂を皮脂と呼び、肌の表面はこの皮脂と汗が混ざり合った天然の油膜(皮脂膜)に覆われている。水分の蒸発を防ぎ、摩擦抵抗を減らし、皮脂膜に含まれる脂肪酸によって肌を弱酸性に保つことであらゆる細菌の繁殖を防いでいる。
 皮脂の量は多過ぎても少な過ぎてもよくない。多過ぎると肌がべたつき、皮脂が刺激物質へと変化して炎症を起こしてしまうことがある。少な過ぎると肌がカサつき、バリア機能が弱まってしまう。

 

天然保湿因子(水分を蓄える)

角質細胞の中にあり、水とよくなじみ水を抱え込んで蓄える性質を持つ物質。NMF(Natural Moisturizing Factor)と略される。ターン・オーバーの過程で肌自身が作り出すもので、アミノ酸、尿素、乳酸、ヒアルロン酸、塩基類など約20種類の物質を総称してNMFと呼んでいる。年齢とともに減少するため、エイジング・ケアにはこれらの物質補給が欠かせない。

 

細胞間脂質(肌バリアとして働く)

角質層の中で、角質細胞の隙間を埋めるようにして細胞同士を結び付けている脂質。角質層内部の水分蒸発を抑え、肌を外部の刺激から守る役割をする。角質細胞間脂質は水分層と脂質層が交互に重なった脂質二重層状構造(ラメラ構造)で水分を挟み込んでいる。ラメラ構造が崩れてしまうと水分を保つ機能が弱まるため、保湿スキン・ケアにはこのラメラ構造を整える作用を持つものが有効と言える。角質細胞間脂質の半分を占めるのはセラミド類で、その他に遊離脂肪酸、コレステロールなど複数の脂質で構成されている。

私たちの肌は、このように角質細胞内でNMFが水分と結合し、角質細胞間脂質がしっかりと水分を抱き込むことで水分を保っている。さらにその上にある皮脂膜が肌の表面を覆い、水分が蒸発するのを防ぐ役割をしてくれているのだ。

肌に優しいケアを考える

肌の構造や保湿の仕組みを理解したら、正しいケア、とくに肌に優しいケアについて考えてみよう。スキンケアは肌を元気にさせるという目的だけではなく、女性にとっては大切な癒しの時間でもある。心地よい感触や、大好きな香りがもたらす精神的な効果も重要な要素。しかし、その一方で様々な人工保存剤や添加物による人体への影響も懸念される昨今。自分が納得するコスメとの出会いを求める旅は、難しくも楽しくもある。

このコーナーでは、市販コスメの成分に関する情報とともに、自然派化粧品の魅力や注目のコスメ紹介、また夏のヘア・ケア方法について解説する。

人工保存剤のリスクと、スキン・ケアによる乾燥

近年、肌に直接つける化粧品の安全性についてより注目が集まってきている。そこで、オーストラリアの自然療法研究家で、独自ブランド化粧品を製造販売している福島麻紀子先生に、人工保存剤の肌への影響やスキン・ケアについてお話を伺った。

2010年、デンマークでは欧州他国に先駆けて、3歳以下の乳幼児向け製品に防腐剤であるパラベンのうち2種類の使用を禁止する法案が成立された。今年4月にはEU諸国で数種類のパラベンが配合禁止リストに追加され、今後も追加の可能性があることを発表している。しかし、それでも多くの化粧品や食品にパラベンが使用されているのが現状だ。

また、シャンプーに配合されている界面活性剤やシリコンなどは、乳化やコーティングとして使用されており、非常に安価なため、大量生産をするには好都合の材料だと言われている。一般的には人体には安全とされているが、過剰に使用すれば弊害がないとは言い切れない。

福島先生は乳化剤の危険性について次のように指摘する。

「大量生産を行うための工場生産の過程では、攪拌(かくはん)のために大量の乳化剤を投入する必要があります。乳化剤が多く含まれた商品を長く使用すると、肌に必要な油分が吸い取られてしまいます。そのため乾燥したり、余分な皮脂が作られたりして、結果としてニキビができてしまう、といったトラブルも起きます」
 そこで福島先生は、必要最低限の自然素材を用いた肌の「リセット期間」を提案している。

「いつもの化粧品の効果があまり感じられない時や、洗顔後の乾燥を感じる時などは、2週間ほどシンプルなケアに切り替えることで、その後のスキン・ケア効果を上げることができます」

腸内をキレイにするために1~3日程度のプチ断食を実行する人が増えているが、肌にもデトックス期間を設けて、蓄積された化学物質を排出し、本来の皮膚細胞の働きを取り戻すことが必要なのだ。

福島麻紀子
ブリスベン郊外在住。オーストラリア自然療法研究家、アロマセラピスト、コスメブランド「E-Conception」代表、国際ナチュラルセラピー協会代表。ICA国際クレイセラピー協会元理事及びブリスベン本部講師。04年『赤ちゃんからのナチュラルケア』(学陽書房)、『カラリング・コスメを手作りしよう!』(国際美容連盟(IBF)編、ブラス出版)を出版。09年『大地のエネルギーで癒す クレイセラピー』(フレグランスジャーナル社・ICA監修)を出版。

◀◀◀ 仕事のよきパートナーでもある夫のラースさんと福島先生

夏のヘア・ケア、地肌にも保湿を


毛穴の汚れをスッキリ落とし、血行を促進して健康な髪と地肌に

夏は紫外線によるダメージや、エアコンがもたらす空気の乾燥などにより、肌が乾燥することが多いが、実は頭皮も同じ症状になっている。紫外線対策を行わないまま炎天下に長時間いると、髪へのダメージはもちろんのこと、頭皮環境も悪化することになる。

髪が受けるダメージは摩擦、熱、静電気、紫外線の4つに大きく分けられる。紫外線によるダメージは2通り。その1つはキューティクルが壊れることによる枝毛、切れ毛、パサつきなどの症状。2つ目は紫外線が髪のメラニンを分解して茶色く焼けたような色になる症状だ。

頭皮も紫外線を浴びることによって老化が早まり、その結果、薄毛、抜け毛、白髪などの深刻な悩みにつながる。頭皮はいわば太陽に最も近い皮膚であり、紫外線を受ける機会も顔以上に多いと言える。

紫外線対策はなんと言っても「浴びないこと」が一番。外出時には帽子や日傘で髪と頭皮を守り、長時間外にいなければいけない時には、髪と頭皮用の紫外線防止スプレーなどでケアすることが大切だ。

また、帰宅後は補修力の高いシャンプー、トリートメントを使ったり、保湿成分、消炎作用、鎮静作用のある頭皮用製品を使ってマッサージをするなど、その日のうちにしっかりとアフター・ケアをしておこう。

しかし、自宅でのシャンプーだけでは蓄積された毛穴の汚れをか落としきれないので、ヘアサロンで定期的なヘッドスパや頭皮マッサージを受けることが、健康な頭皮と髪を維持する上で理想的だと言える。

オーストラリアの自然派コスメで保湿

オーストラリア発の注目自然派コスメをご紹介。自宅ケアに役立ててみてはいかが。

ジュリーク

オーストラリアを代表する自然化粧品ブランドとして世界的に親しまれるジュリーク。SA州にオーガニック自社農園を持ち、独自の製法によって自然と最先端のテクノロジーを融合させたこだわりのブランドだ。スキン・ケア商品のラインアップは目的別にいくつかあり、目の周りなどの集中ケア用の商品も人気。ローズウォーター・バランシング・ミストはこれからの暑い季節の普段使いにぴったり。

写真:「Rosewater Balancing Mist」(100ml、$49)

■会社名:Jurlique
■Tel: 1800-805-286
■Email: customercare@jurlique.com.au
■Web: www.jurlique.com.au

 

ザ・ホホバ・カンパニー

100%ピュアで高品質なホホバ・オイルを自社農場で生産し、健康とエイジング・ケアに特化した商品を販売している国内ブランド。ゴールデン・オイルと呼ばれる美しいホホバ・オイルは、スキン・ケアだけでなく手や爪、ボディ、髪にも使用できる。ホホバは、肌の保湿を助ける皮脂を構成する主な成分である、人のワックスエステルにも非常に近いため、年齢とともに減少する成分を補い、水分の蒸発を防いでくれる。

写真:「100% Natural Jojoba」(30ml、$19.95)

■会社名:The Jojoba Company
■Tel: (02)9651-3030
■Email: info@thejojobacompany.com.au
■Web: www.thejojobacompany.com.au

 

コースト・トゥ・コースト

海岸線、熱帯雨林、アウトバックの3つのテーマ別にコスメ・ラインを設定したユニークなブランドで、先住民アボリジニの伝統的な植物の知識、智慧と実践がふんだんに生かされている。うるおいがテーマの「Coastal」は、海藻類やロゼラ(ハイビスカスの一種)などを主な原料とした普通肌、乾燥肌、敏感肌用。枯渇した肌にうるおいを与えてくれ、元気なぷるんとした肌に。

写真:「Lightweight Moisture Lotion」(50ml、$29.95)

■会社名:Coast to Coast
■Tel: (03)9427-9222
■Email: info@coasttocoastaustralia.com.au
■Web: coasttocoastaustralia.com.au

 

イーコンセプション

精油や天然の植物有効成分を取り入れた限りなく手作りに近いスキン・ケア商品。1度に生産するロット数を少量に抑えることで製品の鮮度を高め、保存料を可能なかぎり少量(製品によってはすべて天然保存料)にしているため、通常の化粧品に比べて使用期限が短い。リバイタル・エッセンスは、ローションの前に使うと肌にしっかりと水分を取り込む助けをしてくれる。夏場の普通肌なら、これ1本でうるおいキープ。

写真:「Revital Essence」(30ml、$23)

■会社名:E-Conception
■Email: sales@e-conception.org
■Web: www.e-conception.org

手作りコスメで夏対策

コスメを手作りする人にとって、オーストラリアはとても恵まれた環境にあると言える。先住民アボリジニの時代から伝わるティーツリーやユーカリ、ホホバ・オイルなど、自然豊かな大地で生まれ育った良質な精油やオイルを入手しやすいからだ。そこで、普段のお手入れに取り入れられる簡単な保湿コスメのレシピを紹介。乾燥肌、敏感肌でなかなか自分に合うコスメが見つからないという人は、1度手作りにトライしてみてはいかが。

保湿バーム

目的に合わせた植物油をベースに、好きな香りの精油を配合した基本のバーム。クリームにする場合は容器に入れる前の段階で、精製水を少しずつ加えてよく混ぜ込み、好みの堅さに調整する。

材料

植物油…20~25ml
ミツロウ(bee wax)…5g
精油…1~6滴
広口容器…(30ml)
ラベル・シール…1つ

作り方

① 植物油とミツロウを耐熱のガラス容器に入れて湯煎にかける。
② ミツロウが完全に溶けたら湯煎からおろし、軽くかき混ぜながらあら熱をとる。
③ 荒熱がとれたら精油を加えよく混ぜ合わせる(複数の精油を入れる場合はあらかじめ精油をブレンドしておく)。
④ 広口容器に移し、完全に冷ます。
⑤ ラベルに内容、日付を記入して容器に貼る。
※手作りのクリームは市販のものに比べると、つける時にベタつきがある。手のひらに少量とり、手のひらの温度で温め溶かすようにしてから顔全体を覆うように伸ばすと塗りやすい。

ヨーグルト・パック

肌の成分に近いヨーグルトの乳清はスッとなじんで保湿力アップを助けてくれる。多くの市販化粧品にも、ダメージ・ケアや美白のためにヨーグルトエキスが配合されている。フルーツ酸による角質溶解作用によるピーリング効果もあるので、使用頻度は週に1~2回程度にしよう。

材料

グリーン・クレイ…小さじ1/2
プレーン・ヨーグルト…大さじ2
オリーブ・オイル…小さじ1/2
※クレイがない場合は小麦粉でもよい

作り方

① 材料を混ぜ合わせる。
② 目と口の周りをさけて顔全体に塗る。
③ 10分ほど置いてから洗い流す。
※はちみつを加えると保湿、殺菌効果が高まる。ヨーグルトに含まれる乳酸菌にはさまざまな種類があり、人によって合うものが異なるので、肌にピリピリ感やかゆみを感じた時はすぐに使用を中止すること。普段食べているもので、お腹にも問題のないものを使うようにしよう。

クレイ・ソルト(入浴剤)

肌の乾燥が気になる時は、石けんで体を洗う代わりにクレイ・バスに入るのもお薦め。クレイには洗浄力があり、余分なものだけを吸着して肌にうるおいを残してくれる上、血行促進にも効果的。お気に入りの精油で香りをつければ、1日の終わりにゆったりとリラックスできる。

材料

塩…50g
クレイ…30g
精油…好みで3~5滴ほど

作り方

① 材料をガラスの容器などに入れて、混ぜ合わせる。
② 入浴直前に、ぬるめのお湯を張った浴槽に入れてよく混ぜる。
※クレイに水を加えてペースト状にしてから精油を加えると、混ぜ込みやすい。精油原液による皮膚刺激リスクを抑えることができる。

美容ディレクトリー
■ミュー・ヘアードレッシング・ゴールドコースト店
住所:Shop 57, Center Arcade, 3131 Surfers Paradise Blvd., Surfers Paradise QLD
Tel: (07)5592-3463

 

■エリクサー・スタイリスト
住所:Shop 30, Southport Park Shopping Centre, Cnr. Benowa & Ferry Rds., Southport QLD
Tel:(07)5503-1494(ヘア)、(07)5503-1536(ビューティー)

 

■ヘアー・クレスト
住所:Shop 4, 137 Laver Dr., Robina QLD
Tel: (07)5575-8082

 

■エイジ・ヘア
住所:520 Wickham St., Fortitude Valley QLD
Tel: 0422-322-715

 

■アリア・ジャパニーズ・ヘア・サロン
住所:Level 1, 187 George St., Brisbane QLD
Tel: (07)3211-5280

 

■テン・ヘア・アンド・ビューティー
住所:Shop 10, Beach House Plaza, MarinePde., Coolangatta QLD
Tel: (07)5536-1230

 

■フォーラル・ビューティー ブリスベン・シティ店
住所:Level 1, Shop 5, 144 Adelaide St., Brisbane QLD
Tel: (07)3221-1237

 

■アポロズ・デイ・スパ
住所:12 Annerley Rd., Woolloongabba QLD
Tel: (07)3391-2279

 

■チューズ・ロハス・オーストラリア
住所:Unit 80, 128 Benowa Rd., Southport QLD
Tel: 0430-153-241

 

■アートメイク・アンド・アイラッシュ・エクステンション・サロン
住所:90 Hee St., Benowa QLD
Tel: 0404-239-890

 

■無添加化粧品アイホワイト (i-white)
Tel: (02)9279-1747
Web: i-white.net

 

■マーヴォ・アロマ・スクール
住所:Siute3, Level1, 30-36 Albany St., St Leonards NSW
Tel: (02)9439-8633

 

■アカデミック
住所:18 Rawings St., Southport QLD
Tel: (05)5526-3222

ソープ・デザイナー、ココさんに聞いた手作り石鹸の魅力

山中ココさん◎ソーパー歴25年。広島県在住。石けん作りのきっかけは、20年間のニューヨーク滞在中に友人からもらった手作り石けんとの出会い。現在は広島、東京、沖縄を中心に、カフェや各種イベント会場で個展、アロマ・クラフト講座などの講師を務める。イベントではファッション・ブランドやほかの手作りクラフトとのコラボなど、新しい試みを通して多彩なネットワークを広げ、ファンを集めている。

雑貨を扱う店や、オーガニックの店、マーケットなどで見かける手作り石鹸。ナチュラルな風合いといい香りに魅力を感じる人も多いだろう。けれども、一般の石けんとは何が違うのだろうか。実際に手作りしている“ソーパー”の1人、山中ココさんによると、「大量生産される石鹸と比べて使い心地がぜんぜん違います。環境にやさしいという点も魅力を感じます」という。

ココさんは、日本の四季の移り変わりを意識したレシピで石鹸を手作りしており、各地で個展やイベントを開催し、話題を呼んでいる。
 手作り石鹸は基本的な作り方を把握すると、その後はさまざまな植物油の効果などを調べて、使用目的や季節に合わせた石けんが作れるようになるという。

「こんな石けんが作りたいというインスピレーションをもらうのは、いつも大自然に触れている時です。私はハーブや花などを見ると、どんな効能があるのかがとても気になって、石けんに取り入れたらどうかしらといろいろな文献を調べています。またレシピは、植物油と季節のハーブや花の効能を最大限に引き出せるものを考案するようにしています」

ココさんの作る石けんは、使い心地の良さはもちろんのこと、シンプルな中に優しさと可愛らしさを盛り込んだデザインが魅力的。個展では日本の四季を表現した作品を毎回発表している。

「石けんの絵柄もなるべく季節の風物詩を取り入れるようにしています。冬には雪景色模様や日本酒入りのもの。夏は太陽がいっぱいなイメージで透明石けんなどを散りばめ、透かして見るとキラキラするようなデザインにしています」

手に取るたびに、素材の植物を思い、季節を感じる。多忙な毎日、石けんを通して自然と触れ合えるひと時を作れるのも手作りならではのご褒美だ。

またテクニックを駆使して、複雑な絵柄を手がける時、思い通りのデザインが作れなかったり、さまざまな油のベストな配合率を見つけるのに時間がかかったりするといった、難しい面もあるそうだが、最高なものを作れた時は感無量だという。

「マーブル模様などがきれいに出ている時は飛び上るほど嬉しいですね。型出ししてカットする時が一番ドキドキします!」

最後にココさんから、これから手作り石けんにトライする皆さんにメッセージをいただいた。「石けん作りは料理やお菓子作りに似ています。良質な原材料を使うこと、手間暇かけることで仕上がりに違いが出ると思います。楽しい手作りライフを送ってください!」

 

サニー・サイド・ソープ

鮮やかなオレンジ色のカロチン石けんに、透明石けんを散らして太陽がいっぱいの夏をイメージ。光に当てると透明石けんがキラキラと輝く様子が美しい。オレンジやレモンの葉っぱを蒸留して採るプチグレンをメインに、ベルガモット、サイプレスをブレンドした、心を明るくしてくれる爽やかな夏のソープだ。

ヨモギ石けん

万能薬草として古くから親しまれてきたよもぎ。たいていの環境には負けずに生える、生命力豊かな植物だ。よもぎ茶、よもぎ風呂、よもぎ蒸し、よもぎ化粧水など、その使い方はさまざまで、体にも肌にも有効な成分が満載。穏やかなスクラブ効果を取り入れるため乾燥したよもぎを投入。デザインは大地に生い茂るよもぎをイメージ。

サーファーズ・オンリー

冬でも夏でも海へ行ってしまうサーファーたちにお薦め。塩水、紫外線にいつもさらされている肌や髪の毛を、石けんの優しさでいたわってあげよう。季節ごとにレシピが替わるが、夏バージョンは冷たいシャワーでもしっかりと泡立つこと、暑い車の中で溶けてしまわないことを考慮してオイルの配合を工夫している。

 

夏のビューティー・カタログ

編集部お薦めのビューティー・スペシャリストをずらりとご紹介。

 

夏だから、素顔に自信!アートメイク【GC】
アートメイク・アンド・アイラッシュ・エクステンション・サロン Artmake and Eyelash Extension Salon

アートメイクと気付かれないナチュラルな仕上がり

顔の印象の決め手になる眉と目のメイク。アートメイクは毎日の化粧時間を短縮してくれる、汗や洗顔でも落ちない「消えないメイク」だ。経験豊かなアーティストが丁寧なカウンセリングと施術で、本来の美しさを引き出してくれる。

■住所:90 Hee St., Benowa ■Tel: 0404-239-890(完全予約制)■不定休、12月8日~2015年1月中旬は休業
※アートメイクのほかアイラッシュ・エクステンションやアイラッシュ・パーマのメニューも

 

 

未来のプロが低料金で施術マッサージ【GC】
アカデミック Academique Pty Ltd.

スチューデント・クリニック($20~)と、ディプロマ取得ずみの生徒によるスーパー・クリニック($25)がある


関連商品の販売や次回予約の勧誘などは一切なく、トレーナーも常駐しているので痛みの相談も安心してできる

マッサージのプロを育成する学校「アカデミック」で、国家資格取得を目指して技術を磨く学生たちのマッサージが20~25ドルという料金で受けられる嬉しいお知らせ。施術メニューはスウェディッシュ、リンパ、ディープティシュー、リフレクソロジー、アロマ、リメディアルで、それぞれの専門分野を学ぶ生徒たちが担当する。

 

ココがオススメ!

トレーナーが保障するスキルを持った生徒のみが施術する。母国で既に経験のある生徒も多く、技術はプロ並。

■住所:18 Rawlins St., Southport QLD ■Tel: (07)5526-3222 ■Email: info@academique.qld.edu.au ■Web: academique.com.au ■営業時間:月~土9AM~4PM、日休

 

 

安心スキン・ケアを始めようアロマ講座【GC】
チューズ・ロハス・オーストラリア Choose LOHAS Australia

ワークショップでは、セラピストから材料の安全性やアロマセラピーの多彩な魅力を学びながらコスメを楽しく手作り


完成した自分だけの化粧水やハンド・クリームは持ち帰って毎日のケアに。子どもたちも安心して使える

毎日使うスキン・ケアやヘア・ケア用品。市販商品に含まれる石油合成化学物質が与え得る、健康への弊害を心配する人も多いのでは?「 Australian Certified Organic」に認定された原材料を使った「家庭のためのアロマテラピー講座」では、安心、低価格の手作りスキン・ケアを学べる。自分の肌を知り、ケアする楽しさを体験しよう。

 

ココがオススメ!

国家資格を持ったアロマセラピストの指導の下、化粧水やオーガニック蜜蝋クリームなどを簡単に作れる。

■住所:128 Benowa Rd., Southport ■Tel:0430-153-241/0468-964-677 ■Email: info@chooselohasaustralia.com ■営業時間:毎月3~4クラス開講(親子で参加できる日もあり)■Web: remedialtherapistkei.go-jin.com ■Facebook: www.facebook.com/chooselohasaustralia

 

 

常連になりたい隠れ家サロンヘアサロン【GC】
ミュー・ヘアドレッシング・ゴールドコースト店 Mu Hairdressing Gold Coast

ホッと落ち着ける店内。家でのお手入れを簡単にしてくれる技ありカットや、特殊なデザインもお任せ


美容師は子どものころからの夢だったというのりこさん。ファッションの本場ミラノでも経験を積んだという

リラックスできる空間が広がる、サーファーズの中心の隠れ家サロン。最初から最後まで1人のスタイリストが担当しており、1人ひとりに合わせたスタイル作りのため施術前のカウンセリングをはじめ、プロの視点での提案や、家でのお手入れ方法を丁寧に指導している。シャンプーや薬剤など店の商品はすべて日本製。

 

ココがオススメ!

独自製法から生まれた2種類の水を使う「ヘッド・スパ」が自慢。リラックスでき、髪と地肌も活性化される。

■住所:Shop 57, Center Arcade, 3131 Surfers Paradise Blvd., Surfers Paradaise ■Tel: (07)5592-3463 ■営業時間:月・水~日10AM~5PM、火休 ■Web: www.muhd.com.au

 

 

信頼の施術で美しく!まつげエクステ、脱毛【BNE】
フォーラル・ビューティー・ ブリスベン・シティ Forall Beauty Brisbane City

地まつげ1本に対し1本のエクステンションを丁寧に装着。目や地まつげを痛めず自然できれいな仕上がりに!


オープン間もない清潔な店舗。世界大会でのグランプリ獲得者を輩出した高度な技術を学べるスクールもある

まつげエクステンションの施術とスクール、IPL光脱毛を専門とするサロンがブリスベンに新規オープンした。日本国内をはじめニューヨーク、ロス、中国にも支店を持つ有名店だ。エクステンションに使う製品はすべて自社開発で、違和感がなく軽くて長持ち。毎日のマスカラやビューラー、付けまつげから解放され、スッピンでもナチュラル・メイクをしたような目元に! 同店は、世界レベルの技術が身に着く日本まつ毛エクステンション協会認定資格を取得できるスクールも併設。日本製脱毛機器を使ったIPL光脱毛は、日本人の肌にも優しい快適施術。ほかの脱毛処理による肌荒れや色素沈着を防ぎ、お肌にハリをもたらしてくれる。

 

ココがオススメ!

オススメ① 日本やオーストラリアで実績のある経験豊かなスタッフの施術で安心。自社開発の製品で快適に美しく!
オススメ② まつげエクステンション・フルセット利用時に10本が無料でもらえる(10月末まで)。「美容特集を見た!」と伝えよう。

スタッフの声:
他店で「痛かった」「すぐ取れた」という方、ぜひ当社独自開発の柔らかくて付けた感じがしない、そして長持ちするエクステンションをお試し下さい。光脱毛は、やり残しや気になる部分だけという方にもピッタリです。経験豊富なスタッフが丁寧にカウンセリングを行いますので、初めての方も安心してご来店ください。(Mami さん)

■住所:Level 1 Shop 5, 144 Adelaide St., Brisbane ■Tel: (07)3221-1237 ■Email: forall@foralljapan.com.au ■営業時間:月~土10AM~7PM(最終受付6PM)、日11AM~6PM、祝日休 ■Web: www.foralljapan.com.au

 

 

日本の最先端美容がここに!ヘアサロン【QLD】
エリクサー・スタイリスト Elixir Stylist

サウスポート・パークの中にある店舗。清潔感あふれる明るい店内に、フレンドリーなスタッフが待っている


高濃度炭酸泡がキューティクルを引きしめる「炭酸シャンプー」と最先端技術で生きたコラーゲンを肌に届ける「生コラーゲン」。

信頼できるサロンを探しているなら、やっぱりエリクサー。日本のトップクラス・スタイリストとして活躍してきたスタッフが、豊富な経験と確実な技術で期待に応えてくれる。店ではアジア人の髪質を考慮して、多くの日本製品を取り入れている。人気のフェイシャル・メニューで使用するスキンケア商品は、すべて無添加の日本製品。定番のメニューに加え、美容業界の最先端を行く日本で話題のトリートメントやプロダクツを、いち早く体験できるのも嬉しい。今お薦めの世界初「フォーム形状炭酸シャンプー」は、髪のイオン・バランスを整えて健康な髪と頭皮を保つ優れもの。同店で髪も肌も美しく輝かせよう!

 

ココがオススメ!

オススメ① 日本で爆発的人気の炭酸シャンプー(320 g/$50、週2回使用で約3カ月分)。美しい髪は健康な頭皮から
オススメ② 即効で潤い肌! 生コラーゲン込みアンチエイジング・フェイシャル通常90ドルが65ドルに(10月末日まで)

スタッフの声:
エリクサーには、日本の美容業界の第一線で活躍してきた一流のスタイリストがたくさんいます。私たちが自信を持ってお薦めする「炭酸スパフォーム」は、洗い上がりが言葉では言い表せないほど爽快! 即効力のある「生コラーゲン」もぜひお試しを。オーストラリアにいながらにして日本の最先端美容を体験できるサロンです。(ユウさん)

■住所:Shop 30, Southport Park Shopping Centre, Cnr. Benowa & Ferry Rds., Southport ■Tel: (07)5503-1494 (Hair), (07)5503-1536 (Beauty) ■営業時間:【ヘア】月~水、金~日9AM~5:30PM、木9AM~8: 30PM、【ビューティー】月~土10AM~5PM、日休 ■Web: www.tete-beauty.com

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る