今回目指すのは“大人かわいい人”

Yasukoのビューティー・ソリューション
               After

メイクで美人に !
Yasukoのビューティー・ソリューション

今回目指すのは
“大人かわいい人”



メイクの悩み:
明るい色のアイメイクが好きなのですが、奥二重のせいかメイクをすると、かえってはれぼったい目に見えてしまいます。何か解決策はありますか?
読者モデル:山中裕美さん 

23歳 ワーホリ 

Yasukoのビューティー・ソリューション
               Before

今までのメイク診断
 キュートな印象の裕美さん。ブルー系のシャドーは似合う色ではあるのですが、目元がぼやけた印象に見えてしまうのは、アイホールに入れた淡いブルーのシャドーが原因です。まぶたの凹凸が少ない日本人には、淡い色のアイメイクは思いのほか難しいもの。意外だと思うでしょうが、実はアイホールに入れるシャドーの色の選び方が目元を引き締めて見せるかどうかを握る「鍵」なのです。

メイク・カルテ
 淡いブルーやグリーン、キュートな印象のピンクのアイシャドーは人気のある色ですが、明るく淡い色=膨張色。このような色はまぶたのくぼみが少ない日本人の目をはれぼったく見せてしまいがち。色自体は映えても、目元がぼやけてしまってはせっかくのアイメイクの効果も半減です。目元を引き締めて見せたいのなら、アイホールに膨張色入れることは禁物です ! そこでお薦めは、最初にまぶたを引き締めるベース・カラーでアイメイクを仕上げておき、さらに明るいブルーやグリーンのシャドーをひとさじ加えるメイク法。引き締まった目元には明るいシャドーが引き立ち、キュートな目元を演出しますよ。
☆はれぼったく見えない!キュート・カラーのアイメイク☆

Yasukoのビューティー・ソリューション

①眉下にハイライト(肌の色に近いパール系の色)を塗る。
②まずゴールド・ブラウンのシャドーを筆に付け、目尻側のまつ毛の際から目頭方向へ筆を運び、次に目頭から目尻側へと筆を戻す。そこから目尻×目頭と交互に筆を運びながら徐々に上方向へ。アイホールのくぼみ部分までシャドーが濃淡のグラデーションになる(上まつげの際からアイホールのくぼみまで)ように塗る。
※写真参照
③目尻から目頭までまつ毛の際全体に、ダーク・ブラウンのシャドーを約3ミリ幅に塗る。
④まつ毛の際にライト・グリーンのペンシル・ライナーでラインを描く。
⑤まつ毛を目元からきちんと立ち上げて、ボリューム・マスカラを塗る。さらにまつ毛とまつ毛の隙間を黒のリキッドライナーで埋めて目のフレームを際立たせる。
⑥下まつ毛の際に目尻から2/3までペパーミント・グリーンのラインを入れる。目尻はやや太く、目頭方向へ行くに従って徐々に細くなるように入れる。
⑦下まつ毛の際の目頭側1/3にラメ・ホワイトのシャドーを、目頭を囲むように入れる。

明るめブラウンのペンシルで、元の眉の形に添ってアウトラインを整えるように描く。ゴールデン・ブラウンの眉マスカラを全体に塗り、眉の印象を明るくする。
チーク
ピーチ系チークを頬の中央からこめかみ方向へチークを入れ、さらに頬の中央は色を強く入れてキュートな印象を高める。
口紅
パール・ピーチのグロスを全体に塗り、透明感のあるやさしい口元に。


Yasukoのビューティー・ソリューション

Yasuko Taguchi / Hair&Makeup Artist
日本で有名雑誌のメイク・ページ、ファッション・ページ、広告CFのヘア・メイクを手がけ、現在シドニーでモデル、タレントのCF広告撮影、ファッション・カタログおよびブライダルのヘア・メイクなど幅広く活躍中。また、キレイを磨く徹底実践メイク講座「パーソナルメイクアップレッスン」も好評開講中。
お問い合わせ : 0419-256-829(YASUKO Mobile)  
Web : www.hmaquarius.com

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る