今回目指すのは“クールで印象的な顔”

Yasukoのビューティー・ソリューション
               After

メイクで美人に !
Yasukoのビューティー・ソリューション

今回目指すのは
“クールで印象的な顔”



メイクの悩み:
クールなアイメイクに挑戦したいのですが、アイラインが上手く引けません。引く時のコツはありますか ?
読者モデル:Sachikoさん  

26歳 OL 

Yasukoのビューティー・ソリューション
               Before

今までのメイク診断
 普段の印象は可愛くて、少し幼く見える早智子さん。切れ長な目が印象的ですね。目元をシャープに仕上げるコツは、目尻を少し上げ気味に、長めのラインを入れること。アイラインはいきなり1本のラインを引こうとすると、なかなか難しいもの。1本の線を引くのではなく、まつ毛の際に短い線をつなげて描くようにしてみると、初心者でも失敗なく仕上がります。

メイク・カルテ 
 切れ長ラインを入れる時、最も難しいのが、目尻の最後のはね上げ方。切れ長を意識するあまり不自然な「角」のようなラインになった経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。切れ長かつ、自然なラインを描くコツは、下まぶたのカーブに沿った角度で、ラインを先端まで引くこと。初心者は、まずペンシル・ライナーでラインを入れて、仕上げにリキッド・ライナーを使用すると失敗なく描けます。切れ長ラインで仕上げた目元は、目の横幅も広がって、シャープさが際立つ美しさです。
☆自然できれい ! 切れ長シャープなラインの入れ方☆
黒のペンシル・ライナー(リキッド・ライナー)を使用
① まず、下まつ毛の際に目尻から目頭までラインを入れる。(ラインの幅は、目尻側は2ミリ、目頭に向かって徐々に細くなるように描く。)(図1参照) 
② 目尻から7ミリ内側(A)から目頭方向へ、上まつ毛の際に沿って2ミリ幅のラインを入れる。(目頭までしっかりと)
③ ②で描き始めた場所(A)に戻り、今度はそこから目尻方向へ徐々に角度を上げながらラインを入れる。先端はスッとした切れ長に、目尻よりも2ミリ長めに引く。目尻に引いたラインとまつ毛の間の隙間も、アイラインで埋める。
*ラインの角度は、下まぶたに描いた目尻側のラインに沿って、そのまま上まぶた方向へとラインを引き上げた角度を目安に描く。 (図2参照)

Yasukoのビューティー・ソリューション
図1
Yasukoのビューティー・ソリューション
図2 下まぶたのアイラインのカーブに合わせた延長線上に切れ長ラインの端が来るように描くと自然

そのほかのアイメイク
① 眉下にパール・ホワイトのハイライトを入れる。
② アイホール全体にシルバー・グレイのシャドーを塗る。
③ 二重の幅に沿って目尻側から目頭方向へダーク・グレイのシャドーを入れる。
④ 下まぶたのアイラインに重ねてシルバー・グレイのシャドーを2ミリ幅に入れ、目元に深みを出す。目頭にはホワイトのグリッター・シャドーを入れて、そのまま目頭を囲むように「く」の字に入れ、目元を明るく仕上げる。下まぶた粘膜部分を黒のペンシル・ライナーで埋めて、目の印象を強める。 
⑤ まつ毛をカールし、目尻側が長めの、フルサイズの付けまつげを付ける。

ライト・ブラウンの眉ペンシルで元の眉の形を生かしながら、眉山から眉尻にかけてやや鋭角的なカーブを付けて描く。オレンジ・ブラウンの眉マスカラを全体に塗り、眉の印象を軽くする。
チーク
頬の中央から耳脇に向かい、ライト・ピンクのチークをふんわりと入れる。さらに頬の中央のみ丸く円を描くようにピンクのチークを重ね、優しい印象に仕上げる。
口紅
ベージュの口紅を、元の唇の形に合わせて塗る。微粒子グリッター入りのピンク系リップグロスを塗り、口元をナチュラルでつややかに仕上げる。


Yasukoのビューティー・ソリューション

Yasuko Taguchi / Hair&Makeup Artist
日本で有名雑誌のメイク・ページ、ファッション・ページ、広告CFのヘア・メイクを手がけ、現在シドニーでモデル、タレントのCF広告撮影、ファッション・カタログおよびブライダルのヘア・メイクなど幅広く活躍中。また、キレイを磨く徹底実践メイク講座「パーソナルメイクアップレッスン」も好評開講中。
お問い合わせ : 0419-256-829(YASUKO Mobile)  
Web : www.hmaquarius.com

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る