避妊ピルはいつまで飲んでもいいのでしょうか?

Q 現在45歳ですが、避妊手段としてピルを使用しています。いつまで避妊しなければいけないのでしょうか。まだ生理は規則正しく毎月来ます。ピルをこの年齢で飲み続けることに抵抗があります。危険な副作用はあるのでしょうか。
(45歳主婦=女性)

 

A 40歳を過ぎると避妊に関しての考慮がおろそかになってしまい、予定外の妊娠をしてしまうこともあります。この年齢期に入ると、確かに繁殖機能は若いころのピークと比べると衰えてきますが、妊娠する可能性がないというわけではありません。
 そして、もし妊娠した場合、ダウン症などの胎児の異常が発生したり、妊娠することからくる合併症も若い時に比べて起こりやすくなったりします。

いつ避妊の必要がなくなるのか

排卵が起こることがなくなれば避妊手段を取る必要はなくなります。平均して閉経年齢は50〜51歳ですが、個人差があり、55歳ごろまで閉経を迎えない人もいます。

45〜50歳の間に12カ月間無月経だった場合、まだ排卵が不定期でも起こる確率は2〜10%です。この年齢期でしたら、24カ月間無月経が続けば避妊の必要はないと思われます。また、50歳を過ぎていれば無月経期間が12カ月続けば妊娠する可能性はないと思われます。

更年期症状(動悸、ほてり、発汗など)が起こっていれば閉経時期を迎えているという目安になりますが、まだ完全に排卵が止まったかどうかは確かではありません。また、50歳近くまで避妊ピルを使用している人の場合は閉経を迎えたかどうかの判断がしにくくなります。

ピルの種類にもよりますが、黄体ホルモンだけが含まれているピルの場合、このホルモンの子宮内膜に及ぼす作用によって無月経になります。生理学的に閉経になったのか、薬の影響なのかを判断するにはピルをしばらく止めて様子を見ないと判断ができません。また女性ホルモンと黄体ホルモンが両方含まれているピル(混合避妊ピル)の場合は、ピルを指示通りに規則正しく服用していれば、そのホルモンの作用により定期的に出血が起こりますので、まだ生理が続いているのかピルの影響なのかは、やはりピルを止めてみないと分かりません。

血液検査でホルモン・レベルを調べても、はっきりとした境界線がありませんのでホルモン検査の結果で避妊を続ける必要があるかどうかの判断をするのは困難です。

一般的には55歳を過ぎれば避妊手段を取る必要はないと言われています。いずれにしろ、50歳前後まで達すれば妊娠する可能性はごく低いということは確かなので、実際に避妊手段を続けるかどうかは最終的には個人の判断によります。

静脈血栓塞栓症について

40代を過ぎれば血栓症のリスクはいくらか高まりますが、混合避妊ピルの服用を止めなければいけないほどのレベルには達しません。しかし、過去に血栓症を起こした既往歴があったり、強い血栓症の家族歴などがあれば服用は薦められません。50歳を過ぎれば血栓症のリスクは高くなり過ぎるので、こちらの場合も混合ピルはお薦めできません。

子宮の疾患

40代を過ぎれば子宮癌、子宮内膜症、子宮筋腫など、子宮の異常も起こることが多くなるので月経過多や不正出血などがあれば、ピルを服用する以前に詳しく検査をしておくべきです。また子宮頸がん、乳癌の定期検診も怠らずにしておくことが大切です。


日豪プレス何でも相談

 

鳥居 泰宏(とりい やすひろ)
ノースブリッジ・ファミリー・クリニック

 

メルボルン大学医学部卒。日本人在住者の多いシドニー北部ノースブリッジで一般開業医を始めて29年。穏やかな語り口が印象的な優しい先生として知られる

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る