バイロン・ヨガ・センターで正しいヨガを学ぼう!


近年、男性やシニア、サーファー向けというように、多様なニーズに応えるさまざまなヨガが注目され始めている。しかし、誤ったやり方では体を痛めてしまう危険性もあるため、ヨガの初心者はまず正しい方法を学ぶ必要がある。。また、将来インストラクターを目指す人には、きちんとヨガを指導するスクールで資格を取得することをお勧めしたい。そこで、「バイロン・ヨガ・センター」に、初心者から上級者までが正しく安全にヨガを学べるコースについて話を伺った。

1988年に創立されたバイロン・ヨガ・センター(以下BYC)は、オーストラリアで最も伝統のあるヨガ・スクールの1つで、これまで多くのヨガ・インストラクターを輩出してきた実績を持つ。設立者で同校の講師でもあるジョン・オギルビー氏は親日家として知られ、日本最大のヨガ・イベント「ヨガフェスタ」へ何度も参加し、ワークショップを開催するなど日本での人気・知名度も高い。

そんなBYCが位置するNSW州北部のバイロン・ベイは、美しい海とビーチがあり、多くの人を引き付ける場所としても知られているが、実はオーストラリアのヨガの聖地でもある。街にはオーガニックの食材を扱う店やレストラン、スピリチュアル系のショップが建ち並び、独特の文化が育まれてきた街でもある。

インストラクターを目指す人へ

インストラクターになるためには正しい知識と経験が必須
インストラクターになるためには正しい知識と経験が必須

BYCではさまざまなヨガのクラスが開講されているが、今回紹介するコースはヨガ・インストラクターを目指す人のための「サーティフィケート4」だ。受講生は学生ビザの申請が可能で、修了後は全米ヨガ・アライアンスの認定資格「RYT(Registered Yoga Teacher)800」が取得できる。週2日間登校する12カ月のコースで、1クラスは20人前後の少人数制。週15時間の対面授業が約40週にわたり行われ、自宅学習のためのウェブ・トレーニングも含まれる。

授業や実習は全て英語で行われるため、入学時にIELTSの全科目平均5.5以上が必要となる。日本人受講者には、クラス内で使用される英語の専門用語に対応する日本語マニュアルが用意されたり、必要に応じて日本人スタッフによるサポートがあるなど言葉の面でも安心して受講できる環境が整っている。

学習内容はポーズやエクササイズだけでなく、ヨガの歴史や種類、呼吸法、瞑(めいそう)想、解剖学なども学び実践する。ヨガは正しい知識の下で行わないと体に良い影響をもたらせないため、適切に行うための知識と技術の習得が必須となる。

更にインストラクターとしてヨガを教えるためには、さまざまな個人の能力を見極め、1人ひとりにふさわしい実践法を伝えることが大切だ。

また人間の体は季節によってだけでなく、1日の中でも時間によって状態が常に変化することも熟知しなくてはならない。さまざまな人に適切なヨガを教えるには、知識だけでなく体の状態を見極めるための経験値も重要になる。

その点、BYCには学生が実習生としてインストラクターを務める授業がある。その授業では、趣味でヨガを習っている一般の人たちに対してスーパーバイザーの指導の下、実際に手ほどきをすることで「教える」という経験を積むことが可能だ。

気軽に参加できる「ヨガ・リトリート・ホリデー」

自家製オーガニック野菜がたっぷりの食事
自家製オーガニック野菜がたっぷりの食事
リトリートの基本はヨガを安全に楽しむこと
リトリートの基本はヨガを安全に楽しむこと
リフレッシュにぴったり。プールの利用も可能
リフレッシュにぴったり。プールの利用も可能

BYCには初心者でも気軽に参加できる「ヨガ・リトリート・ホリデー」というパッケージも用意されている。8日間、5日間、または週末を利用した3日間のコースがあり、参加者はBYCの宿泊施設を利用しながら自分が選択したカリキュラムを学ぶことができる。全て英語によるクラスだが、専門的な内容ではないので心配は無く、日本人スタッフのサポートも受けられる。

「リトリート」とは、ストレスの無い環境でゆったり過ごし、心身のバランスを調整しリフレッシュすることを意味する。楽しくヨガを学ぶためのパッケージで、自由時間もたっぷり用意されている。ヨガをより深く理解するための学習時間にするだけでなく、この時間を利用してオプションでサーフィンのレッスンを受けたり、パワー・スポットとして有名な「クリスタル・キャッスル」を訪れるなど、思い思いに過ごすことが可能となっている。

また、滞在中の食事はBYCが提供する。BYCが所有するオーガニック・ガーデンで収穫された新鮮な野菜をふんだんに使ったベジタリアン・メニューは評判が高く、アレルギーを持つ人のためのメニューもある。食事はアーユル・ヴェーダ(インドの伝統的な医学)に基づいてタマネギやニンニク不使用で、インド風、タイ風など毎日メニューが替わるのも特徴だ。

「ヨガ・リトリート・ホリデー」は、ヨガを学ぶだけでなく、バイロン・ベイに滞在・観光、更に体に良くおいしい食事を取れることに加えてリーズナブルな価格設定なので、お得にリフレッシュできるパッケージとしても人気だ。

正しく安全なヨガを気軽に学びたいと考えている人、心身共にリフレッシュしたい人は参加してみてはいかがだろう。

バイロン・ヨガ・センターウィークエンド・リトリート(3日間)に1名様をご招待!

締切:5月31日(水)

美しい海とビーチのそばにある「バイロン・ヨガ・センター」が提供する3日間のウィークエンド・リトリートは、ストレスから解放されエネルギーを充電するのに最適な機会。ヨガ・クラスは1日の中の好きなクラスへの参加が可能で、予定を入れずにリラックスして過ごすこともできる。この機会にウィークエンド·リトリートを体験してみては。

■応募先Web: www.byronyoga.com/nichigo-press
■応募締切:5月31日(水)
■備考:バイロン・ヨガ・センターまでの交通費は各自負担。当選者にはメールでお知らせします

Byron Yoga Centre
■住所:50 Skinners Shoot Rd., Byron Bay NSW
■Tel: (02)6685-8327
■Web: www.byronyoga.com
■Email: info@byronyoga.com
■RTO: 91522 CRICOSCode, 03418E


新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る