ママのためのヨガ「ウッティタトゥリコーナアサナ「三角のポーズ」」

ママのためのヨガ

ほんの少しライフスタイルに取り入れるだけでも、さまざまな気付きを与えてくれるとして、大人気のヨガ。しかし、地道にクラスへ通い続けるのは忍耐がいるものです。ましてやママになると子育てに追われ、なかなか自分だけの時間を取るのは難しい——。そこでこのページでは、そんな忙しいママたちに向け、写真と分かりやすい解説で、自宅で1人でもできるようにヨガを伝えていきます。子育てのちょっとした合間でも、深い呼吸や体・顔のヨガをすることで良いリフレッシュに! 気軽に取り組んで、気持ちの良い毎日を始めましょう。

今回のポーズ

ウッティタトゥリコーナアサナ「三角のポーズ」

太もも・ひざ・足首の強化とストレッチ、股関節のゆがみを整える、肩・胸・背骨のストレッチ、ウエストの引き締め、腰痛の緩和、腹部組織の活性化、消化機能改善、更年期障害の症状、ストレスの緩和などの効果がある。

体が伸ばされ、下半身の筋力強化にもなるポーズです。
 まず、マットの前方に山のポーズ(足をそろえ真っすぐ立つ)を作ります。そこから左足を後ろに引き(約1メートル)、左側に体を向けます。右のひざ頭は右足指先と同じ方向に真っすぐにし、左つま先は15度くらい内側に入れます。
 息を吸いながら両方の腕を肩の高さまで上げ、床と並行にし、伸ばします。手の平は下に向けて肩を落とした状態に。
 次に、息を吐きながら上体をゆっくりと前方に、お尻は左足の方に引っ張るようにしてスライドさせていき、右足の方に上体を倒していきます。右手を足まで下ろしながら左手は天井の方に向けて上げます。わき腹が伸びた感覚で呼吸を繰り返します。肩や体が丸まらないよう息を吸う時に胸をもう1つ開き、上体と床が垂直になるのを意識します。
 目線は上の手の先です。数回呼吸を繰り返しポーズが深まったら息を吸いながら上体を腰の上に戻し、息を吐きながら手を下ろします。反対も同じようにしてみましょう。

難しかった人はここからトライ!

軽減ポーズ

完成形のポーズを取った時に体を床と垂直にすることが苦しく感じたり、上体が丸まってしまう人は無理に手を床まで伸ばそうとすると、腰に負担が掛かり、首や肩回りにも余計な力が掛かって筋肉を緊張させてしまいます。写真のように上体は途中までで良いので、その位置で下の手を足の上に軽く置いてください。息を吸う時は左手を更に上へ、胸を開くようにしてポーズを深めます。また、バランスが取りにくい人はお尻の部分を壁に付けてポーズを取ったり、右手の下にいすやブロックなどを置き、そこに手を置いても良いでしょう。あくまでも手が下まで届くことが目的ではないことを忘れないようにしてください。

家事の合間のヨガ・エクササイズ

本格的にヨガの時間が作れなくても、家事の合間やお子さんと遊びながらでもできることはたくさんあります。そんな家事の合間にできる簡単なエクササイズです。

股割りのポーズ
 私が毎日必ず1回はする運動です。見ての通りの股割りですが、これが意外とできない人が多いです。しっかり毎日の習慣にして、股関節を柔らかく保ちましょう! まず、肩幅より少し広めに足を開きます。次に背筋を伸ばしたまま腰を下ろしたら、息を吐く時に肩を内側に入れ、同じ側のひざは外に押すようにして開きます。両方のひざが内側に入らないように意識しましょう。

ヨガにまつわるお話
「本当の自分」

先日受けたセッションで思うことがありました。それは「『自分』を知っているか」ということ。「自分を知ること」が、生きていく上で一番の課題や目的であり、人生の基礎部分だと思います。「本当の自分」から離れていくと人間は病気になったり、心が病んだり、違和感を覚えます。情報が常に交差し、多くの選択が溢れている今、それに気付かない人が多いのかもしれません。特に、親や環境から受けた影響は「これこそが自分の考え方だ」「感覚だ」「信念だ」と思い込むそうです。それによりエネルギーが滞り、もっと広がりが持てるはずの無限の可能性を自分で閉ざしてしまう原因になりかねないのです。
 自分の考えだと思っていたことが、実はそうではなかった。そんなことに気付くのは難しいことです。まず、自分が無限の可能性を持った存在であると知り、それを阻む「本当に自分から湧き出たものなのか」「どこから来ているのか」「自分の固定観念がその感情を浮かばせたのではないか」といった考え方や感情、感覚が一体何なのかを考えてみる。
 要らないものはそぎ落としていくことが大切です。しかし、私たち人間は元に戻ろうとする力が強く働くので、慣れている考え方や環境に戻ろうとします。そぎ落とし作業を毎日することで、過去でも未来でもない「今」の自分に常に焦点を当てていくことができるようになりますね。その先には自分が見たこともない新しい可能性の世界が広がっているに違いないと思います。


ASUKA
ジャズやヒップホップのダンサーとして約15年間活動後、より深く自分の体を知るためヨガを始める。全米ヨガ・アライアンスなどの資格を取得後、2009年より東京で多くのヨガ・クラスを担当。現在は、マルーブラにある自宅スタジオで子連れもOKのヨガ・クラスを開催している。16年にはエコ食品用蜜ろうラップの会社を設立。Web:earth-light-yoga.com(Earth Light Yoga)、kokebee.com(こけびー)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る