第22回 くすみについて その1

今日から始めるアンチエイジング 美肌へようこそ !
第22回 くすみについて その1
第22回 くすみについて その1

 最近どうも肌色が冴えない、ファンデーションの色味が時間の経過とともにくすんでくる、目や口の周りの肌の色味がくすんでいると悩んでいる方に、アンチエイジングの大敵“くすみ”について2回にわたってお届けします。
 数ある原因の中の1つに、疲労やストレス、加齢などにより血液やリンパの流れが悪くなることが挙げられます。皮膚のすぐ下にある毛細血管には、血管から流れてくる血液を通し栄養や酸素が運ばれてきて、肌の新陳代謝をスムーズにし、血行を良くして老廃物を取り去る作用があります。血液の循環が悪くなると、栄養や酸素が運ばれにくくなり、新陳代謝がスムーズではなくなります。そうすると、肌の生まれ変わりに普段よりも時間がかかるだけではなく、十分な栄養が送られてこないことから、元気な細胞が作られにくく、肌表面が水分不足になります。その上、スムーズに剥がれ落ちていかないといけない細胞が肌の上で長時間留まることによって、肌にごわつきを感じたりするのです。これが表面から見ると、くすんだ状態になります。
 くすみを解消するスキンケアは、まずは洗顔。丁寧な洗顔で、汚れを取り除きましょう。最近では手軽なメーク落しや洗顔料が出回っていますが、それ1つにしても、時間をかけて丁寧に汚れを落とすことによって、肌の状態が違ってきます。普段メークをしっかりとされている方は、目元専用のクレンジングを使って目の周りのメークを落としてから洗顔してください。残っている汚れが肌のくすみにつながる場合もあります。
 その後は肌に合ったスキンケアを使用し、水分・油分のバランスを保つようにします。化粧水は水分を満遍なく肌にいきわたらせるためにも、コットンを使用することをお薦めします。また、マッサージ・クリームを使いマッサージを行うことで、血行が良くなり新陳代謝を促します。目や口の周りは、皮膚が薄く乾燥しやすい上に血行が悪くなりやすいところなので、力を入れずにやさしくマッサージを行い、その後に目元専用クリームで保護することで、くすみだけではなく、シワ、たるみも防ぐことができます。


美肌へようこそ!

著者プロフィル
西田智香子(にしだちかこ)

1989年資生堂神戸支社入社、99年4月来豪。03年資生堂オーストラリアに入社し、キャンベラをベースに営業・プロモーションを担当している
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
美容講習・メーキャップ指導についての問い合わせ
資生堂オーストラリア
Tel: (02)8762-8888

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る