AUS教育「HSCの日本語」

AUS教育システムのしくみ

日本とは異なる教育システムに戸惑うママ&パパの疑問・質問に専門家がズバリお答えします。

HSCの日本語

Q: 日豪ハーフの中学生の子どもがいます。HSCで日本語を選択する時、子どもが日本居住経験や日本語環境を家庭内に持つ場合、具体的にどの程度の日本語レベルが必要か教えてください。

●「HSC」とは?
 HSC(Higher School Certificate)は、ハイスクール卒業後に行われるNSW州の大学入学統一試験です。HSCはNSW州での呼び方で、他州ではVCE(VIC州)など、違う呼び方をします。TAFEや専門学校に進学を希望する生徒は受ける必要がない場合もありますので、前もって確認しておきましょう。

HSCで必要とされる日本語能力は、お子さんがどのレベルを選択するかにもよります。質問をくださった方のお子さんが、日本に何年住んでいて、何年生まで学校に通ったか、また家庭内の使用言語状況が詳しく分からないので、どのレベルの日本語クラスを選択できるのか分かりませんが、おそらく「Background」か「Heritage」のレベルを選択することになるのではないかと思います。Backgroundレベルについては履修条件はありませんが、HeritageとContinuers(Extension)レベルの場合は、履修条件があります。

小学校4年生(10歳になる年)以降に日本で小学校(インターナショナルではなく日本の)に通っていた経験があるとHeritageレベルを履修することができず、Backgroundレベルを選択しなければなりません。

Continuerレベルを履修する場合は、①小学校1年生以降に日本の小学校に1年以上通っていたことがある、②日本に過去10年間のうち3年以上住んでいたことがある、③日本語のバックグラウンドを持つ者と教室外で継続的に日本語を使用している、以上3つの条件のいずれかに当てはまらないことが履修条件となります。

それぞれの日本語レベルについてはBoard of Studies Teaching and Educational Standards(BOSTES)のサイト(Web: www.boardofstudies.nsw.edu.au)から「シラバス→HSC→J(Japanese)→レベル名(Heritage、Backgroundなど)」の順に選んで進んでいくと、以下の各ページを閲覧できます。各レベルごとに目的、対象者、コース内容、タスク、文法、文体、漢字リスト、過去問題などを見ることが可能です。

◆Background www.boardofstudies.nsw.edu.au/syllabus_hsc/japanese-background-speakers.html
◆Heritage www.boardofstudies.nsw.edu.au/syllabus_hsc/heritage-japanese.html
◆Continuers www.boardofstudies.nsw.edu.au/syllabus_hsc/japanese-continuers.html

HSCの日本語レベルについて、詳しい履修基準や、現在の問題点、履修科目の申し込み方、不服申し立てなど、相談や不明な点がある場合には、「HSC日本語対策委員会」というNPO団体がサポートをしています。以下のウェブサイトをご参照ください。
Web: www.hscjapanese.org.au


内野尚子(うちのなおこ)

プロフィル◎96年よりシドニー在住。11年間ローカルの幼児教育機関で教師「Authorized Supervisor」を務める。元日本語補習校代表兼教師。幼児から大人のための総合教育センター「Universal Kids(旧子どもクラブ)www.universalkids.com.au」の代表。NPO日豪教育サポート・グループを通して在豪日本人のための現地教育のシラバスやバイリンガル教育の情報共有に努めている

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る