【インタビュー】カルマカール医師(QLD)/医者として「当然のこと」を

PR

医者として「当然のこと」をするだけ

ハーバータウン・
デイ&ナイト診療所

病気などの時、できれば日本語で安心して受診可能な病院を選びたいもの。そうした病院の中でもハーバータウン・デイ&ナイト診療所のカルマカール先生は特に評判が高い。日本語での診察だけでなく、紹介先の他院でも患者が適切なケアを受けられるようフォローする責任感や、日本出身者らしい細やかさ、優しい人柄なども魅力だ。「医療はもっと改善できる」と語るカルマカール先生に話を伺った。


日本で生まれ育った医者として

ハーバータウン・デイ&ナイト診療所のカルマカール先生は、ヨガの普及活動をしていた両親の下、日本で生まれた。先祖代々ヨガに携わってきたという家系で育ち、幼い頃から医者になりたいと考えていたそうだ。

そして16歳の時に渡豪。「以前家族でオーストラリアへ旅行し、この素晴らしい環境の中でいつか暮らしたいと思いました。また英語を学べること、日本から比較的近いことも理由でした」と語る。その後ボンド大学を卒業し、救急医療の現場などに携わり、現在はGPドクターとして多くの患者の診察にあたっている。

カルマカール先生が信頼されている理由は、通訳を介さずに直接日本語で受診できるというだけでなく、丁寧な診察や細やかな気づかい、明るく気さくな人柄と責任感の強さなどにある。経験豊富な女医として地元の人たちからも信頼され、「先生と話すと安心できる」と言うかかりつけ患者も多い。ゴールドコーストだけでなくブリスベンやシドニーなどの遠方からわざわざ診察に訪れる人もいるほどだ。

「日本では当たり前でもオーストラリアでは通用しないことが、医療の現場でも多くあります」と話す。例えばGPでの診察後に専門医や病院を紹介する場合、GPは紹介した時点で役目が終わり、後は引き継ぎ先の医療機関に全てを任せてしまう。ところがカルマカール先生は、患者がスムーズに治療を受けられているか、その後の経過を常に気にかけ、医者同士で緊密に連絡を取り合って他院と連携する。「とにかく電話で連絡し、とことん話し合います。オーストラリアで一番電話をする医者でしょう」と笑って話すが、「日本では当然のことですし、自分が担当した患者のことなら気になって当然」ときっぱり言い切る様が頼もしい。

医者の視点から未来を考え、行動する

忙しい生活を送りながらも常により良い医療のあり方を考えそして行動している。がんとその治療について理解してもらうため、8月20日(土)に開催されるロイヤル・ブリスベン婦人病院のがん治療のためのチャリティー・イベント(Web: theoneday.org.au)の25キロ・ウォークにも診療所のスタッフと共に出場したり、ヨガ普及に努める人々と協力して西洋医学と東洋医学の長所の融合を模索したり、日豪それぞれの医療の現場やシステムを比較し、それぞれの問題点を改善するためのプロジェクトにも取り組んでいる。

人間が健康で幸福に生きていくために医療ができることは、まだまだたくさんあると考え、東洋と西洋、日本とオーストラリア、その両方を知っているからこそ、優れている部分は積極的に見習い合うべきと考える。「日本で生まれて日本で育ち、またインド人として先祖代々ヨガに携わってきた家系に育ち、オーストラリアで医者として医療の現場に立っている私だからこそできることがあると思っています」とカルマカール先生は明るく語ってくれた。

アンチータ・カルマカール ◎日本にヨガを普及させた両親の下、日本で生まれ育つ。幼少の頃から医者になることを志し、16歳で渡豪しボンド大学を卒業。現在はハーバータウン・デイ&ナイト診療所のGPとして活躍中。ネイティブな日本語が話せるだけでなく、強い責任感と温かな人柄で大きな信頼を得ている。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る