躍年

オーストラリア留学でキャリア・アップ

オーストラリア留学でキャリア・アップ

留学から就職まで、オーストラリアにおける オーストラリアでのキャリア・アップ指南の第 一人者が最新情報を提供。

躍年

新年明けましておめでとうございます。バブルから20年が“失われ”、もう日本は先進でも途上でもない、後退国になりつつあるとも言われています。バブル時期には日本人が持っていた謙虚さや勤勉さが失われ、そしてバブル後は自信と活力を失った、と言うのは言い過ぎかもしれませんが、とにかく失ってきたものは数多くありました。

そして今、対豪ドルはともかく、対米ドル、対ユーロで円高が続いています。そして円高の今だからこそ、企業は無理をしてでも、強い円を利したインフラ投資などを中心にどんどん外に打って出る時期だ、ということを言われ始めました。

日本企業がリスクをとってこの機に外に目を向けられるのであれば、そこには必ず「人材」が必要となります。そしてその来たるべき時のために、今からでも個を磨いておく必要があります。円高というよりは不景気だからという意味の方が強いのですが、不景気にこそできるだけ蓄えを持った方がいいでしょう。

この場合の蓄えとは無形資産、つまり自分自身の能力という名の財産です。世界規模で見ると、景気は必ず循環します。今この不景気の時期に、英語力でも、資格、学位でもいいのですが、世界で通用できるように自分自身を磨いておくことをお勧めします。

日本人というくくりで見ても、まだまだ海外で通用する人材が足りていない今こそ、海外でも、どこででも通用する人材になっておくべきでしょう。

ただし、日本企業がこの危機を機会と捉えて積極的に外に出て行けるかは分かりません。もしこの機会を逃した場合、今後またさらに10年が“失われる”というより、本当に(徐々にでも)沈没してしまう可能性すらあるとも言えます。

しかし(残念ながら)例えそうなったとしても、世界は今以上にボーダレスになることは間違いありません。そんな事態になった時でも、今の努力が実を結ぶことになるでしょう。

私事ですが、去年は厄年、そして今年を躍年と捉えていますが、読者の皆さんにとっても躍年となるよう願っています。その材料はオーストラリアには転がっていません。ただしそうした材料を自らつかみに行けば、応えてくれる国でもあります。行動すること、挑戦することで躍年としてください。


オーストラリア留学でキャリア・アップ

山口幸司(やまぐち こうじ)

金融業界経験後、シドニー大学 大学院MOTコースに留学。一時 休学を経て2007年7月卒業。在学 中から、スタッフ・ソリューショ ンでマーケティング及び留学カ ウンセリングを担当、2010年4月 代表に就任。日本での人事担当 経験と現職の経験を活かし、就 職に有利な留学アドバイスを行 う。日豪の就職事情にも精通。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る