英語で説明できる?─「いただきます」

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!
Japanese Culture

日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。

—— エピソード ——
「A子が食前に『いただきます』と言っていたけど、どういうこと?」

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター・センター長 協力:池田澪奈
 

第55回

What is Itadakimasu?
いただきますって何?

Aussie: Is it kind of like saying grace before a meal?

You: In a way, yes, but in a way, no. いただきます (itadakimasu) is a universal phrase which is said before a meal in Japan. The core of the phrase, いただく (itadaku), is the very polite form of saying ‘to take’, and is used when taking something from someone that is of a higher position than you.

A: So you’re saying ‘I will humbly take this’ to… the food…?

Y: That’s right. There are many things in Japan which takes its roots from Buddhist teachings, and this is one of them. In Buddhist principles, everything has a spirit – therefore, by taking the spirit(s) from their origins and using them to replenish yourself, you are giving gratitude to the organisms that originally housed those spirits by saying いただきます.

A: Ah, I see. That is very respectful and nice.

Y: Also, along with saying thank you to the animals and plants which gave their precious lives for your meal, the phrase also directs gratitude to those involved in preparing the meal, ranging from the farmers / chefs / person who cooked the meal. On that note, there is another phrase said at the end of a meal – ごちそうさま (gochisōsama).

A: What does this phrase mean?

Y: ごちそうさま means ‘thank you for the feast / great meal’. You can also say ごちそうさまでした with the additional でした (deshita; past tense) on the end, too, to make it polite. This phrase again shows your appreciation towards the people who have prepared the food.

A: Would it be weird for me, as a foreigner, to say these phrases in Japan?

Y: No, not at all ! In fact, you should always try to immerse yourself in cultural activities the same way the Japanese people do when you’re in Japan.

A: Ok, great!

説明する時のポイント

まず、「いただきます」という言葉は、「もらう」という動詞の謙譲語「いただく」の丁寧体で、元々は、目上の人から物を賜る時に、それを高く掲げて謹みや感謝を表して受け取ることを意味していた、と教えてあげよう。そして、改まった式や行事の日の食事の際、神様や貴人の前で、同時に同じ物を食べる時に、やはり頭か額の辺りまで高く掲げて「いただきます」と言うようになったことから、この言い方が使われるようになったと付け加えておこう。今では、食事に携わってくれた多くの人びとへの感謝の気持ちを表していると、添えておきたい。同じように「ごちそうさま」という食事後の言い方も、食事ができるようにしてくれた多くの人びとへの感謝の気持ちの表現だと教えておこう。

【単語・成句】
say(ing) grace 祈りを捧げる
universal phrase  決まり文句   
core 重要な部分/中心部分 
higher position より高い地位/目上 
Buddhist teachings 仏教の教義
spirit 霊/魂/霊魂 
replenish 満たす/補給する/補充する
organism(s) 有機体/生命体
ranging from ~ 〜から(…まで)多岐にわたって
on (that) note (それ)に関して言えば
appreciation towards ~ 〜に対しての感謝の気持ち
weird 変(な)/浮いてしまう
immerse yourself 溶け込む/どっぷり浸かる
Ok, great! よし、分かった!

【会話文で使える表現】
“No, not at all!” 「いやいや、全くそんなことはない」という意味のことを伝える表現で、相手の言ったことを強く否定して、相手を安心させたり、気持ちを和ませたりする効果がある。

例① “It’s already past 10 pm, but is it too late to talk to you now on the phone?” “No, not at all! Go ahead, what is it?”「もう夜の10時過ぎだけど、今、電話で話すには遅いかな」「ううん、そんなことないよ。話したいことって、何?」

例② “It’s very kind of you to let me use your bicycle. You saved my life!” “Not at all. It’s my pleasure!”「自転車を使わせてくれてありがとう。助かったよ」「礼なんかいらないよ。役に立ったようで何より!」

例③ “I’m sorry to have kept you waiting.” “No, not at all! I had fun with your puppy while waiting!”「待たせてすまなかった」「とんでもない。待ってる間、子犬と遊んでいて楽しかったよ」

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る