「木漏れ日」をオージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!
Japanese Culture

日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。

—— エピソード ——
「A子が『木漏れ日がきれいね』と言っていたけれど、どういうこと?」

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター 協力:池田澪奈
 

第62回

What is Komorebi ?
「木漏れ日」って何?

Aussie: So I did it again and I just agreed with what she said by saying そうですね (So desu ne; “You’re right”), but what does 木漏れ日 (komorebi) actually mean?

You: You need to stop agreeing straight away and ask if you don’t know what the words mean, I tell you!

A: I know, I know, but I feel awkward asking about EVERY word I don’t quite understand, because then I would be cutting into the flow of the conversation a lot.

Y: No need to feel awkward at all, but in any case, you can always come and ask me like you are doing now.

A: Thank you, 先生 (sensei)!

Y: Well, 木漏れ日 is a unique Japanese word which means ‘the light which filters through between the leaves and trees’.

A: Wow, what a beautiful word.

Y: Mm, it’s quite nice, isn’t it?

A: It means all that in that one small word?

Y: Yes, it does. There’s certainly no English word which describes the same thing – unless you string together a number of adjectives and nouns, of course. It’s also apparently a difficult word to translate into other languages as well, as you usually need a small sentence to depict such a scene, where one can see the light streaming through the branches onto the ground.

A: I see. The Japanese language has so many words which describe nature ‒ I’m not sure if I’ll ever be able to remember all of them!

Y: Don’t worry, most people stick to the ones which get used regularly. But like I said before, if they DO use a word you’re not quite sure of, just ask! As the saying goes in Japanese, “ 聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥” (kiku wa ittoki no haji, kikanu wa issho no haji), meaning “asking makes one appear foolish, but not asking makes one foolish indeed”.

説明する時のポイント

「木漏れ日」という言葉は、文字通り、木々の間から漏れて来る太陽の日差しのことだと教えてあげよう。日本語では、この一語で表せる光景だが、英語を始め他の言語では一語で表せないのでは、と尋ねてみるのも面白いかもしれない。あらかじめ「知っているかもしれないが」と断った上で、木漏れ日が地面に達した時の葉っぱと葉っぱの間の形は、太陽と同じ円形になり、日食の時は、その日食の度合いにより異なる三日月型になるという面白い現象が見られる、ということを付け加えてあげると、驚かれるのではないだろうか。日本語には、このように自然現象を描写するのに2つか3つの言葉からできている表現がいくつかあるので、探してみたら面白いのでは、と水を向けてみてはいかが?

【単語・成句】
I did it again またやっちゃったよ
actually 実際に(は)
straight away すぐに/即座に
feel awkward 気まずい思いをする/気が引ける
cut into 遮る/邪魔する
flow of the conversation 会話の流れ
no need to ~ ~する必要はない/~することはない
no/not ~ at all 全く~ない
in any case とにかく/いずれにしても
filter through ~ ~を通して漏れる
it means all that その全てを意味する
string together いろいろ組み合わせる
depict 描写する
stream through ~ ~を通して流れ込む
stick to ~ ~を変えない/普通は~を使う
not quite sure of いまいちはっきりわからない
as the saying goes 諺にもあるように

【会話文で使える表現】
“I tell you.” 文字通りの意味よりも、日本語の強調の終助詞「ね」や「よ」に当たる「いいから聞いて!」とか「ほら~だろう?」と言いたい時によく使われる。“I’ll tell you what.” という「実はね(いい話がある)」という言い方もある。

例① “The weather in Canberra in winter is very cold, I tell you.” “Yeah, I’ve heard about it.” 「キャンベラの冬はとても寒いのよ」「うん、そうらしいね」

例② “I hear that if you know Japanese, it’s not too difficult to learn Korean.” “I can tell you, it’s not that easy.”「日本語を知っていたら、韓国語を習うのはそんなに難しくないって聞いたけど」「いやいや、そんなに簡単じゃないよ」

例③ “I’ll tell you what.” “What?” “Amy is going to get married soon!” 「あのね、いい話があるんだ」「何?」「エイミーがもうすぐ結婚するんだ」

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る