英語で説明できる?─「お年玉」

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!

Japanese Culture
 
日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。
そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。
 
—— エピソード ——
「子どもたちが『今年はお年玉をたくさんもらった』って喜んでいるけど、それって何?」

 

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター・センター長 協力:池田澪奈
 

第35回

What is Otoshidama?

お年玉って何?

 

Aussie: They all seemed to be pretty excited by it.
 

You: Ah, yes. お年玉 (otoshidama) refers to money that is given to children and young adults on New Year’s Day. The money is usually put in a small paper envelope called お年玉袋 (otoshidama-bukuro), and is handed out by the child’s family, relatives and visitors to the house during the New
Year period.
 

A: I see. So it’s kind of like how Christmas presents work, except with money instead of toys. How much money is inside a typical お年玉袋?

 

Y: It actually depends on the age of the child. Traditionally, children who are in pre-school should receive no more than 1,000 YEN (roughly equating to $10 AUD).
 

A: Sounds fair enough.
 

Y: Then once in primary school, the amount can vary between 2,000~7,000YEN. Of course, some people can decide to be more generous and give a larger sum of money, but personally I wouldn’t go any higher than 5,000 YEN.
 

A: Well, I guess they’ll be receiving a similar amount from numerous others.
 

Y: And it doesn’t stop here, haha. You can’t really go lower than the previous year’s amount, so it’s best to pace yourself. So come high school & college time, the amount increases to roughly 5,000~10,000 YEN.
 

A: Wow, if you received that amount from say, even just 3 relatives, that’s still a pretty good amount of money to suddenly be gifted!
 

Y: Now you know why those children were excited, haha.
 

A: You mentioned at the start that some young adults also receive お年玉. Do I qualify for this, haha?
 

Y: Each household goes by different rules these days so I can’t really say, but maybe if you’re lucky

説明する時のポイント

 お年玉というのは、元々は新年を祝い1年を幸福で健やかに過ごせるようにと、年長者が年少者に与えた贈り物のことだったが、現在では、正月に大人が子どもに与えるお金のことを指す、と教えてあげよう。「お年玉」は、「歳神様」からの「賜り物」から来た言葉で、人々はそれをもらって新たな1年に備えるという意味がある、と説明しておこう。昔は、親戚や近所の人々が年始回りをする習慣があり、対話にもあるように、子ども達にとってはお小遣いが一気に増える絶好の機会だったが、今は年始回りをする人も少なくなり、親からもらうだけの子どもが多い、と伝えておこう。ちなみに、「お年玉付き郵便はがき」というのは、いわゆる年賀はがきのことだが、この「お年玉」は、お金ではなく商品が当たるくじになっている、と付け加えておこう。 

【単語・成句】
is handed out 渡される 
instead of ~ 〜の代わりに 
it depends (up)on ~ 〜による/〜によって違う
no more than ~ 〜以下
equating to ~ 〜ぐらい
sounds fair enough. まあ、そんなところだろうね。
more generous より気前よく
it doesn’t stop here それだけでは終わらない
pace yourself (物事を)徐々にする
to be gifted 転がり込む
now you know why ~ どうして〜か分かったでしょう
qualify 当てはまる
if you’re lucky 運が良ければ
 

【会話文で使える表現】
■“It depends (up)on ~” この表現は「(それは)〜による/〜によって違う」という言い方で、「それは一概には言えない」という意味で、会話でよく使われる。
 
例① “Do all Japanese enjoy anime?” “Ah, it depends on the generation.”「日本人は皆アニメが好きなんだろうか」「ああ、それは世代による」

 

例② “Do all schools in Australia offer the same courses?” “It depends upon the
State.” 「オーストラリアの学校ではどこも同じ科目を教えているのでしょうか」「それは、州によって違います」

 

例③ “It usually depends on Tom to make the call.” “He’s certainly decisive.” 「いつもトムの一声によるね」「あいつは決断力があるもんな」

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る