「断捨離」を英語にすると?

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!

Japanese Culture
 
日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。
そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。
 
—— エピソード ——
「日本人の友人が『断捨離したので部屋がすっきり」って言ってたけど、これって何?」

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター・センター 協力:池田澪奈
 

第38回

What is Danshari

断捨離って何

 

Aussie: The word “断捨離” (danshari) looks so negative…
 

You: It does, doesn’t it, as 断 has the meaning ‘to refuse’, 捨 has the meaning ‘to dispose’ and 離 has the meaning ‘to distance’. But in fact, this word has a positive meaning, and it describes the process of one de-cluttering their life through the removal of possessions.
 

A: So like… throwing out the junk in the house?
 

Y: Yes, that’s certainly a part of it. Let me go back to the three characters which make up this word, which are actually all drawn from yoga philosophy, to explain more. 断 ‘dan’ is the first step, in which you refuse to bring any unnecessary new possessions into your life. 捨 is the second step where you dispose existing clutter in your home, and 離 is the third step which advises you to separate from desires for material possessions.
 

A: When you explain it that way, it really does sound a bit like yoga principles!
 

Y: You see, and the thing with 断捨離 is that it’s not just about de-cluttering for physical purposes, such as making your living space more minimalistic or to clean things out just for the sake of cleaning. It’s also meant to be for the wellness of your mental & emotional state, too, to make us aware that we are not defined by what we own.
 

A: That’s a rare, deep topic for us to discuss!
 

Y: Haha, I know. But do you know where I’m coming from?
 

A: Yeah, definitely. It’s like the saying, “money can’t buy you happiness”. This is why overly participating in mainstream materialism can be bad.
 

Y: Exactly. Instead, if you can be happy with the basic life, it means that you’ll have more time, space and freedom to live life more fully.
 

A: What a great concept!
 

説明する時のポイント

 一見、否定的な意味の漢字の羅列にしか見えない「断捨離」という言葉が、実は、ヨガで使われている「断行、捨行、離行」という3つの考え方を基にしたものである、とまず説明してあげよう。そして、それぞれが「入ってくる不要な物を断つ」「家にずっとある不要な物を捨てる」「物への執着から離れる」という意味で、物と自分との関係を軸に、取捨選択していく技術のことだ、と教えてあげよう。さらに、断捨離の時間軸は常に「今」であり、今持っているもの1つ1つに対して、今の自分に必要かどうかを問いかけていく、という生活態度を指すと付け加えておこう。つまり、物を手放すことによって、空間・時間・エネルギーにゆとりが出て、それが気持ちのゆとりにつながる、という生き方である。言い換えれば、断捨離をすることによって、生活自体を変えることにつながるとも言えよう。 

【単語・成句】
de-cluttering 不要物を出さない
throw(ing) out 捨てる 
junk ガラクタ 
let me go back to ~ もう一度〜のことだけど
drawn from ~ 〜から引用されている
refuse to ~ 〜しないと決める
clutter 不要なモノ
the thing with ~ 〜に関して言えば
minimalistic 必要最小限度に
for the sake of ~ 〜のために
it’s meant to be ~ 〜を目指す
make (us) aware 再認識する
are (not) defined by what we own 持ち物によって評価される(されない)
money can’t buy you happiness 金で幸福は買えない
overly 過度に
What a great concept! 素晴らしい考え方だね!
 

【会話文で使える表現】
■“where I’m coming from”この言い方は、直訳すれば「自分がどこから来たか」という意味だが、会話で「自分が何を言おうとしているか(分かってくれるね)」と言いたい時に使われる。
 
例①“Don’t you know where I’m coming from?”「私が何を言おうとしているのか、分かってくれないの?」
 
例②“He should’ve known where I’m coming from!”「僕が何を言おうとしているのか、あいつは分かっているはずなのに!」
 
例③“It’s sad no one understands where I’m coming from.”「俺が何を言おうとしているのか、
誰も分かってくれない」

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る