朝活って英語で何?

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!

Japanese Culture
 
日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。
そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。
 
—— エピソード ——
「日本では出勤前の朝活がブームらしいけど、朝活って何?」

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター・センター長 協力:池田澪奈
 

第40回

What is Asakatsu?

朝活って何?

 

Aussie: From the looks of the Kanji, I’m going to guess that it’s some kind of morning activity.
 

You: That’s actually spot on! 朝 (asa) means morning, and 活 (katsu) comes from the word 活動 (katsudō), which means activity. So when you put them together, it becomes the word 朝活 (asakatsu).
 

A: So, like eating breakfast and brushing your teeth? How is that a trend?
 

Y: Well, those are the kinds of activities you would definitely do in the morning, but 朝活 refers to the more, how do you say… ‘personalised’ activities somebody can do to enhance their morning.
 

A: Ah ok, so more like going for a run or doing a crossword puzzle?
 

Y: Yes, and there’re many benefits to doing 朝活. One is that you are (in a way) gaining time. For example, if you woke up 2 hours earlier compared to when you normally would for 12 years – that gains you a whole 1 year back!
 

A: What, no way! Let me calculate that… Hmm… Wow, you’re actually right. That is a LOT of time!
 

Y: It is, isn’t it?
 

A: As much as sleep is important, there’re only 24 hours in a day so just sleeping for a big portion of that would sure be a waste.
 

Y: Exactly. This is why a lot of people are embracing this 朝活 trend, because it can be a really effective way of maximising your daily opportunities. Another positive for undertaking 朝活 is that you’re exercising your brain from early in the morning, making it more alert to take in new information.
 

A: So that’s why they say that if you’re tired, it’s better to go straight to bed and wake up early the next day to continue on with what you were doing.
 

Y: Yes, because that way, you will be much more refreshed & focussed for
the task.

説明する時のポイント

「朝活」というのは、対話にもある通り、朝早く起きて、出勤や登校するまでの時間を有効に使って、さまざまな活動をすることだと教えてあげよう。もちろん、この場合、活動というのは、単にシャワーを浴びたり、歯を磨いたり、新聞を読んだりといった日常の習慣のことではなく、体力作りのためウォーキングをしたり、将来に備えて外国語の勉強をしたり、ヨガで精神統一をしたり、自分のブログを更新したりといった、勤務時間中や授業時間中にはできないようなことを、この朝の時間を有効に使って行なう活動のことを指している、と補足しておこう。昔から「早起きは三文の得」と言われているように、早起きして何か自分のために役立つことをするのは良いことだと分かっているのに、それがなかなかできないので、このような言葉が生まれる、とそっと付け加えておこう。

【単語・成句】
from the looks of ~ 〜から見てみると  
spot on! 図星だ!/ご名答! 
put ~ together 〜を併せる 
trend はやり/ブーム 
how do you say 何と言ったら良いか
enhance 有効活用する
benefits 有益なこと/有利なこと
in a way ある意味で
no way あり得ない/そんな馬鹿な
you’re actually right 本当に言った通りだ
It is, isn’t it? でしょ?/だろ?
as much as ~ 〜なんだけれども
big portion かなりの部分/割合
embrace  機会を捉える/大切にする
undertake 実践する
alert to take in ~ 〜が吸収しやすくなる
 

【会話文で使える表現】
■“no way” この言い方は、直訳すれば「道がない」つまり「やり方、方法がない」という意味だが、会話で「そんなことはあり得ない」「そんな馬鹿な(はずはない)」と言いたい時に使われる。
例①“I heard Bruce ate more than 50 pieces of Sushi!” “What? No way!”「ブルースが寿司を50個以上食べたそうだ」「何だって?あり得ない!」

 

例②“I expect that you’ll fix this up by Monday.” “By Monday? No way!”「これは月曜日までに直せるだろうね」「月曜日?無理、無理!」

 

例③“There is no way you can make me watch that movie.” “But you never know, you might like it.”「あの映画だけは絶対に見ないからね」「でも、もしかしたら気に入るかもしれないよ」

 

例④“So, you like Tom, hah?” “No way!”「ねぇ、トムのこと好きでしょ?」「まさか!」

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る