【QLD版】オーストラリアで何を、どう学ぶ?

教育特集

オーストラリアで学んで、本当になりたい自分になる!

私たちがオーストラリアで何かを学ぶということは、強制でも義務でもない。自らの「学びたい」気持ちに揺さぶられ、なりたい自分に近づくため行動するだけだ。学ぶ機会を見逃さないように、そんな自分の思いを普段から大切にしたい。今回はオーストラリアの教育環境の現在と自分に合った学び方のヒントを、語学学習から就業の流れに沿ってご紹介する。

 

オーストラリアで、何を学ぶ? どう学ぶ?

まずは英語。自分に合った学び方選び

ワーキング・ホリデー、留学、仕事、また実際の生活の中でも、英語力はすべての基本となる大事な問題。その後の目的はさまざまでも、まずはオーストラリアで実際に通用する英語を習得することが必要だ。語学学校に通って勉強するのも1つの方法だが、学校によって授業内容は大きく異なる。目標もさることながら自分の性格や相性なども考慮して選ぶことが大切だ。

例えば会話重視で学びたいと思い、ディスカッションが多い授業やアクティビティー中心のスクールを選ぶのもいいが、多国籍なクラスメートの中に自分から飛び込んでいける積極性がなければ、かえって取り残されてしまうこともある。そんな環境に負けない自分を励ましながらがんばることも大切だが、日本の環境とは違う点も多々ある。自分を見失わない程度に、リラックスする時間を作ることも忘れずに。

語学習得後の目標として大学などの高等教育機関を設定しているなら、目指す大学のプレパレーション・コースに入るのが最も効率的だ。文法やライティングもしっかり学べ、レベルが上がるにつれてIELTS試験対策コースへの移行もしやすい。まだやりたいことが明確に決まっていないという場合は、1つの学校で長期契約するのではなく、自分に合うかどうかを短期間で試してみるという方法もある。

もちろん英語を学べる場は学校だけではない。ホームステイやハウス・シェアで英語を日常的に使う環境を作ったり、パートタイムの仕事やボランティアをしたりしながら英語を学ぶこともできる。多国籍な人々が暮らすオーストラリアでは、自分以外の文化を尊重すると同時に、自分の意見を持ち、言葉にして伝えることがとても大切だ。そうなるためにも自分らしく楽しく学べるベースを確立させよう。

 
ステップ・アップの「時」を見極め、悩んだらプロに相談

語学を学ぶ段階では、定期的に“伸び悩み”の時期がやってくる。「日常には困らないが少し複雑な意見が言えない」「授業が自分の学びたいこととは食い違っている」などのように感じてきた時こそ、次のステップへ行動を起こす時かもしれない。将来何をしたいのか、どうなりたいのか、そのために今やるべきことは何なのか。具体的なプランを立てていこう。

目指す大学が決まっていれば、IELTSのスコアを獲得するために試験対策のコースへ移行するタイミングを考え、実際に大学への入学手続きを始める段階がやってくる。何から初めていいのか分からない時は、信頼できる情報を持つ留学エージェントに相談に行くのが良い方法だ。目的に合った大学や学部選び、また煩雑な書類手続きやビザの更新、予算など、細かく相談に乗りながらサポートしてくれる。ターゲットを明確にしてスケジュールを整理することで、勉強にも集中できる体制を作ろう。

大学で2年以上の学士号、修士号を取れば、その後のキャリア形成につながる2年間の就労許可がおりるポスト・スタディー・ワーク・ビザの申請が可能になる。

 

実践でキャリア・アップを目指す

学問よりも、実践で勝負したいという人には、実際の職場で仕事を体験できるインターンシップに応募することもできる。中には給料をもらいながら資格を取れるというコースもある。エージェントの情報や検索サイト(www.seek.com.auなど)をこまめにチェックすることも必要だ。

もう少し語学も磨きながら、自分の将来を考えたいという人にお薦めしたいのがTAFE(次頁参照)だ。TAFEは就職を目的とした職業訓練校だが、必ずしも就職する必要はないので、まず興味のある分野を探して数カ月のコースを受講してみよう。ハイスクールを卒業したばかりのネイティブの学生たち、海外の社会人に混ざって勉強をするのは、語学学校とは違う刺激がある上、自分の好きな分野について学習できるので、一気にボキャブラリーも増え英語力が身に着くのを実感できる。もし、その分野が自分に向いていると分かれば、引き続き長期のコースでディプロマを取得する道もあり、本気で就職を目指す場合は資格がそのまま生かされる。

 

帰国後にも有利な資格

オーストラリアで身に着けたスキルを生かして、日本で就職したいと考える人もいるだろう。近年、日本でもオーストラリアでも人気の職種の1つに、ネイルやビューティー・セラピーなどの美容系国家資格がある。日本ではエステティシャンやアロマ・トリートメント施術にあたって特定の資格は必要なく国家資格も存在しないが、反面数多くの民間資格がある。海外での国家資格は就職に有利なだけでなく、自分で開業という選択肢も与えてくれる。オーストラリアではプライベート保険の対象にもなっているリメディアル・マッサージは、日本でも徐々に広まる傾向にあり、講習会には業界のプロたちが技術習得のために集まっているという。

また、運動不足や生活習慣による肥満、成人病が深刻な問題となっているオーストラリアでは、1対1でエクササイズや食生活の指導をしてくれるパーソナル・トレーナーの需要が急速に高まっている。オーストラリアに限らず、健康は私たちの永遠のテーマ。日本でもスポーツ・ジムを中心に個々のニーズに合わせた「質の高い運動」を指導できるパーソナル・トレーナーの増加は必至と思われ、注目したい資格と言える。

「学べば学ぶほど、自分が何も知らなかったことに気付く、気付けば気付くほどまた学びたくなる」とはアインシュタインの言葉。

時には挫折することも大事。あきらめずに前進していこうとする姿勢そのものが、何よりも自身を成長させてくれるのではないだろうか。

世界中から人気な理由は? 

オーストラリア政府の統計によると、オーストラリア全体の各国の留学生数は30万人を超え、前年同期比で27%ほど増加。また、日本人が選ぶ留学先として、オーストラリアは世界で4番目(文部科学省集計)だ。

その理由は国を挙げて、留学生に多様な学習の選択肢を提供しており1,200以上の教育機関と2万2,000以上のコースから、広く、あらゆるレベルの教育が受けられるところにある。また履修科目、履修期間にかかわらず、オーストラリアの法律では、質の高い教育と留学生の保護を推進しているのだ。

海外留学を思い立ったとしても、問題なのは学費、ビザの費用、生活費などの負担。余裕をもった貯金がない限り、留学に踏み切るのは勇気がいる。その点、オーストラリアでは2週間で40時間までの労働が認められているという大きなメリットがある。このような、歴史的な移民受け入れを背景とした多文化社会ならではの発想、安定した教育と生活水準からも、オーストラリアは外国人にとって暮らしやすい環境が整っているといえる。

 

オーストラリアの大学事情


国際色豊かな学校で学べる

オーストラリアには、現地で創立された大学39校、海外の大学2校、私立の専門大学1校の合計42校があり、ほかにも多くの教育機関で学士、修士課程などの高等教育コースが提供されている。世界大学ランキングでは、オーストラリアの大学7校がトップ100にランクインし、特に人文学、医療、工学、生命科学、自然科学、社会科学などの分野で高い評価を得ている。オーストラリアの大学からは、約250万人の卒業生が世界を舞台に活躍しており、後に続く世代にとって心強い実績を残している。

学位の種類と履修期間

 

専門的な力が身に着く専門学校

日本でイメージする専門学校というよりも、実際の職場で使える実務と知識を中心にカリキュラムが組まれ、卒業後、すぐに仕事に就くことを目的に学ぶのが職業教育訓練(V ET)で取得する資格だ。高校を卒業したばかりの青少年や、新たなキャリアを身に着けたい社会人たちが多く通っている。

VETの資格は、テイフ(Technical and Further Education=TAFE/職業訓練専門学校)と呼ばれる政府機関と、民間の機関が提供している。テイフは政府と業界の提携によって運営されている。教師陣も各業界での実務経験者や現役で活躍中の講師で構成され、オーストラリアで働くことに関する最新情報が提供されるところも魅力だ。入学にはIELTS5.5以上が必要になる。

資格の種類

 

目的により選べる語学学校

英語力をさまざまな角度から高めていくことができるのが語学学校だ。それぞれの目的に合わせて多種多様なコースが用意されている。英語力全般を上げる一般英語コースから、看護やビジネスなどの専門英語のスキルを磨く、専門英語コース、国内の大学へ入学を希望する場合は一定のスコアが必要になるIELTS、日本での就職の際に指標にされるTOEIC、TOEFLなどの対策コースもある。全体的な予算の目安は、教材費・入学金が200〜600ドル程度、授業料は一般英語コースで週250〜400ドル。専門や試験対策のコースは金額が高めになる場合がある。

モナーク Monarch Migration & Education

就労、学生、配偶者ビザなどの各種ビザ取得や、留学、就業を助ける登録移民コンサルタント。モナークが出展する、7月19、20日にブリスベンで開催される、キャリア・サポートのためのイベントTSXPO(http://www.tsxpo.org/Home.php)へぜひ出かけてみよう。来場時、問い合わせ時に「日豪プレスを見た」と伝えれば、ビザのイニシャル・アセスメント手続きが無料、また手数料が25%オフになるキャンペーンを開催中。信頼できるプロのサポートで成功を手に入れよう。

■住所:PO Box 526, Sumner Park BC ■Tel: (0410)566-786 Ian Parker ■Email: ian@monarchme.com.au ■Web: www.monarchme.com.au ■営業時間:月~金10AM~5PM ※登録番号 MARN 1170421

ケアンズ・ビューティー・アカデミー・サロン・アンド・スクール Cairns Beauty Academy Salon and School

少人数制で、クラスの1人ひとりに目が行き届く細やかな指導が自慢のスクール。学生ビザ取得が可能なディプロマ・オブ・ビューティーセラピー(制服、教材費等込み1万4,000ドル)は、美容業界での就職パスポートともいえる資格。授業では、最新のLEDセラピーや、マイクロダーマブレーション、レーザー技術などのデモも取り入れ、生徒たちの可能性を広げる業界先端の情報提供を行っている。ほかにもネイルや、各種短期コースがある。

■住所:97 Spence Street, Cairns ■Tel: (07)4051-3822 ■Email: cba@beautyacademy.com.au ■Web: www.beautyacademy.com.au ■営業時間:月~金9AM~5PM、土 9AM~1PM
 

アカデミック ACADEMIQUE

「マッサージ」、「ビジネス」、「英語」、3分野の各専門家が揃うACADEMIQUE。いずれのコースも学習と仕事との両立を考慮したスケジュールが組まれ、世界各国からやってくる生徒の夢や希望を、スタッフが笑顔でサポートしてくれる。マッサージはサーティフィケートⅣ(5,000ドル)の他、リメディアルやマネージメントをパックにしたお得なコースもある。ビジネスは各種4,800ドル、各英語コースは3,400ドルで、週単位(週170ドル)での申込みも可能だ。

■住所:18 Rawlins St., Southport ■Tel: (07)5526-3222 ナナエ ■Email: info@academique.qld.edu.au ■Web: academique.com.au ■営業時間:オフィス 月~土8:30AM~5PM(電話は時間外も受け付ける)、スクール:9AM~4PM

エース・テニス・アカデミー・ゴールドコースト ACE Tennis Academy Gold Coast

初心者からコーチ資格、プロを目指す人まで、レベルに合わせてACEの優秀なコーチ陣がテニスを指導。実技と並行して、スポーツ業界への就職に必要な法律や理論が学べ、学生ビザも取れるので働きながら通うことも可能だ。入校は毎週月曜日、体験授業も常時受け付け中。 学校のキャンパスはPCYCにあり、他の施設を割引で利用できるのもうれしい。多国籍な仲間たちと楽しく学びながら、英語の上達も期待できる。詳細は日本人スタッフまで。

■住所:Police Citizens Youth Club, 180 Monaco St., Broadbeach Waters ■Tel: (07)-5597-5410、(0414)478-888(日本語専用 / 星 光治) ■Email: info@acetennis.com.au ■Web: www.acetennis.com.au ■開校時間: 月~金9:30AM~1:30PM 土日祝、スクールホリディ休講

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る