メルボルン日本人学校ほか、生徒の作文

オーストラリア在住の生徒の作文

Student’s Diary
オーストラリア在住の生徒の作文より

メルボルン日本人学校
「おいしいクッキー」G2 あやか

わたしは春休みに、お母さんといっしょにクッキーを作りました。たのしかったです。なぜならおいしかったからです。いっぱいたべすぎて、おなかがいっぱいになりました。
 チョコレートクッキーをいっぱいやきました。いっぱいざいりょうをつかいました。小むぎこ、バター、チョコレート、さとう、ベーキングパウダーをつかいました。
 やく時に、いいにおいがしました。家の中は、クッキーのにおいでかこまれていました。
 今どは、ちがうしゅるいのクッキーをいっぱい作ってみたいです。今どは、じ分だけでちょうせんしてみたいです。
 ぜひ、みなさんも作ってみてください。もしも、おすすめの作り方があったら、ぜひ、おしえてください。


シドニー日本人学校
「のれるようになったよ、一りん車」Y2 立川理彩

わたしは、一りん車にのれるようになったことが、心にのこっています。
 さいしょは、手すりをもったまま一りん車にのっていました。一りん車にのるのは、こわくてむずかしかったです。
 そこで、わたしは、休み時間に一りん車にのるれんしゅうをたくさんしました。れんしゅうするうちに、だんだんゆう気が出てきました。れんしゅうしているとき、アリアさんとさつきさんが、わたしの手を引いてくれました。二人がわたしの手を引っぱってくれて、うれしかったです。
 とうとう一人で一りん車にのれるようになって、増田先生に見せたら、先生が、「一りん車、上手だね。」と言ってくれました。
 毎日がんばってれんしゅうしたので、一りん車にのれるようになったとき、わたしは気もちがすっきりしました。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る