メルボルン日本人学校、生徒の作文

オーストラリア在住の生徒の作文

Student’s Diary
オーストラリア在住の生徒の作文より

 

メルボルン日本人学校
「クリケットがんばるぞ!」
G2 元木彪

 ぼくは、スポーツが大すきです。学校の勉強でも、体育の時間がくるとワクワクします。2年生になってクリケットを始めました。はじめたきっかけは、お兄ちゃんがならっていて、おもしろそうだなと思ったからです。
 はじめた時は、チームメイトとなかなか話せなかったけれど、今は友だちもふえて楽しくなってきました。クリケットには、バッティング、ボーリング、ディフェンス、キーパーというポジションがあって、ぼくはボーリングというなげるポジションです。ボーリングは、コントロールよくなげることが大切です。
 この間クリケットのしあいがありました。ぼくは、6回なげました。なげる時は、きんちょうして手がぶるぶるしました。もう少しでアウトになるところでしたが、アウトにできませんでした。うつ時は「遠くにとばしたい。」と思って、おもいきりうちました。うつ方は1点とりました。ぼくたちのチームがかってうれしかったです。
 毎週日曜日には、クリケットのしあいがあります。つぎのしあいでも、またかちたいです。

 

「ちぢんだクロックス」
G2 モロニー壱盛

3学期が始まったとたん、メルボルンは40どのとってもあつい日がつづきました。とびらをあけると、もわっとしたあつい空気が入ってきました。休み時間のたびに音楽室の前にあるおんど計を見に行くと、どんどんおんどが上がっていきました。お昼のころには、41どをさしていてびっくりしました。とても暑かったので、木曜日と金曜日ははじめての早帰りになりました。
 土曜日に、庭の外に出ていた母がぼくのことをよびました。何かと思ったら、外に置いていたクロックスのかた方が小さくなっていました。サンダルのよこのぶ分が、ふにゃふにゃになっていて、足を入れてみるとぜんぜん入りませんでした。なぜかなと思ったら、ずっとつづいた暑さでクロックスもとけてちぢんでしまったみたいです。

 母が「新しいクロックスを買わないといけないね。」と言いました。暑さでサンダルがちぢんでしまうなんてはじめてのできごとでした。ぼくもとけそうに暑かったけれど、サンダルも同じ気もちだったみたいです。水泳学しゅうの前に、新しいクロックスを買いたいです。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る