【12月】最新BOOKトレンド・チェック

読書好き集まれ!
最新BOOKSトレンド・チェック
協力:オーストラリア紀伊國屋書店(Level 2, The Galeries, 500 George St., Sydney)

本好きにとって、トレンドに取り残されてしまうのはつらいところ。本連載では、シドニーCBDに店を構え、KINOと親しまれるオーストラリア紀伊国屋書店協力の下、トレンド・キーワードとともに読み逃せない話題の3冊と、日本のトレンドをキャッチするための最新ランキングをご紹介していきます。

村上春樹さんは、これまでに何度もノーベル文学賞の候補に挙がりましたが、残念ながら今年も受賞を逃してしまいました。受賞を逃す理由の1つとして、村上さんの作品には、政治的・社会的問題という要素があまり含まれていないからという指摘もあります。しかし、村上さんの作品は、売り上げが減少している出版業界において、常に好調な売れ行きを維持しています。そこで今月は、今まで村上春樹さんの作品を読んだことのない方々のために、人気の作品を紹介したいと思います。

今、売れている本は?ベストセラー・ランキング(11月9日〜11月15日集計)

■文庫ベストセラー

1 土佐堀川 古川智映子 潮出版社
2 狐舞 佐伯泰英 光文社
3 境遇 湊かなえ 双葉社
4 図書館戦争 有川浩 KADOKAWA
5 下町ロケット 池井戸潤 小学館
■新書ベストセラー

1 陽気なギャングは三つ数えろ 伊坂幸太郎 祥伝社
2 人生を面白くする本物の教養 出口治明 幻冬舎
3 人間の分際 曽野綾子 幻冬舎
4 大放言 百田尚樹 新潮社
5 下流老人 藤田孝典 朝日新聞出版

今週のトレンド・キーワード『村上春樹を初めて読む人にお薦めする作品』

初期の村上作品の面白さ満載

パン屋再襲撃
村上春樹
文藝春秋(価格:A$11.75<会員価格A$10.57>)

堪えがたいほどの空腹を覚えたある晩、彼女は断言した。「もう一度パン屋を襲うのよ」。それ以外に、学生時代にパン屋を襲撃して以来僕にかけられた呪いを解く方法はない。かくして妻と僕は中古カローラで、午前2時半の東京の街へ繰り出した……。微妙に食い違った人と人の心が、ふとしたことで和んでいくさまを、ユーモアとペーソスを交えて描く作品集。表題作ほか「象の消滅」、“ねじまき鳥”の原型となった作品など、初期の傑作6編を収める。

この世界をあなたは好きになれるか?

海辺のカフカ(上)
村上春樹
新潮社(価格:A$15.78<会員価格A$14.20>)

「君はこれから世界でいちばんタフな15歳の少年になる」……15歳の誕生日がやってきた時、僕は家を出て遠くの知らない街に行き、小さな図書館の片隅で暮らすようになった。家を出る時に父の書斎から持ち出したのは、現金だけじゃない。古いライター、折り畳み式ナイフ、ポケット・ライト、濃いスカイブルーのレヴォのサングラス。小さい頃の姉と僕が2人並んで写った写真……。賛否両論を呼んだ、村上ワールドの1つが展開する。上下2巻。

春樹ファンの中でも高い評価の長編作品

羊をめぐる冒険(上)
村上春樹
講談社(価格:A$11.11 <会員価格A$10.00>)

あなたのことは今でも好きよ、という言葉を残して妻が出て行った。その後広告コピーの仕事を通して、耳専門のモデルをしている21歳の女性が新しいガールフレンドとなった。北海道に渡ったらしい“鼠”の手紙から、ある日、羊をめぐる冒険行が始まる。新しい文学の扉を開いた村上春樹の代表作長編。『風の歌を聴け』『1973年のピンボール』とともに「三部作」と呼ばれることもある。第4回(1982年) 野間文芸新人賞受賞作。上下2巻。

ランキングからPick up!


『陽気なギャングは三つ数えろ』伊坂幸太郎/祥伝社

陽気なギャング一味の天才スリ久遠は、消えたアイドル宝島沙耶を追う火尻を暴漢から救う。だが彼は、事件被害者のプライバシーをもネタにするハイエナ記者だった。正体に気付かれたギャングたちの身辺でトラブルが頻発。火尻の不気味な連続攻撃で、面々は断崖に追いつめられた! 必死に火尻の急所を探る4人組だが……。人気シリーズ、9年ぶりの最新作!

KINOKUNIYA便り

12月は待ちに待ったクリスマス。クリスマスに絵本のプレゼントはいかがですか? プレゼントにお薦めの絵本を多数取りそろえております。まだまだ入荷しますので、ぜひお手に取ってご覧になってみてくださいね。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る