【特集】就職、転職でキャリアを磨く―オーストラリア/日本で「働く」②


資格取得、語学力アップ▶▶▶ オーストラリアで働く
英文履歴書サンプル▶▶▶ 日本で働く▶▶▶
Nichigo Press履歴書サービス▶▶▶
オーストラリアで働く

合理的な能力主義

オーストラリアの労働市場は、新卒/既卒、年齢などに関係なく、能力次第で仕事を見つけるチャンスが誰にでも平等にあることが特徴だ。ただしそのポジションにふさわしい「能力」を証明することが就労前に必要になるため、事前にインターンシップ、ワーク・エクスペリエンス、ボランティアなどの無給労働を通して経験と実績を培い、それを就職に生かすという方法も一般的だ。場合によってはインターンから有給スタッフに雇用されることもある。


また、日本での就職がかつて「終身雇用」のイメージが強かったことに対し、オーストラリアでは1社に長く留まることより、その経験を携えて転職しキャリア・アップを図ることにポジティブなイメージが持たれている。

まずは、オーストラリアにおける「仕事」への価値観を認識した上で、職探しや就職の準備に臨むことが最善と言えよう。「雇用者側が求める人材」が何かを知ることも、履歴書やカバー・レター、面接での自己アピールの対策に不可欠だ。

労働可能なビザ

永住権・市民権保持者でない人がオーストラリアで働く場合、就労許可のあるビザを保持していることが必須条件だ。例えば就労ビザ、ワーキング・ホリデー・ビザ、学生ビザなどが挙げられる。

ただし上記のようなビザがあれば無条件に働けるというわけではなく、学生ビザなら労働時間は2週間で40時間以内、ワーキング・ホリデー・ビザの場合は同一の雇用主の下での労働は6カ月以内(場合により1年)などの規則がある。詳細は移民局のウェブサイトなどで自分のビザの条件を必ず確認しよう。

■Web: www.australia.gov.au/information-and-services/immigration-and-visas(オーストラリア移民局)

◆オーストラリアでのインターン体験談 (大学4年 星川浩介さん)


日本では大学に通いながら写真の専門学校で学び、カメラマンのアシスタントをしていました。写真が必要とされる出版社での勤務が進路希望の1つなので、オーストラリアにあるメディア系の会社でのインターンシップに参加しました。英語力を身につけ、異文化を深く体験したいと思ったこともオーストラリアを選んだ理由です。
 3カ月半ほどのインターン経験の中で初めにやったことは、インタビュー音源の文字起こしや、印刷物を発送する手伝いなど。その傍ら、社内の出版物のルールについて勉強を進め、原稿内容の正誤をチェックする校正作業を担当したり、最終的には写真撮影やインタビュー、記事の執筆などを全般的に経験出来ました。
 メディアの会社というと華やかなイメージもあったのですが、インターン体験を通して得た知見の1つは、その業務内容は意外と地味だということ。実際はライターの方から原稿をもらってきたり、原稿とにらめっこして文字を減らしたり、地道な作業の方が多かったです。それでも、自身が携わった制作物が形になる喜びや、人の手に取られている様子を見た時の達成感はとても心地の良いものでした。また、各分野で成功している著名人の方との関わりからも学びを得られました。
 これらの経験を通して、メディア業界で働く上で必要な素養が分かったことは大きな収穫です。また、業種にかかわらず「お金を頂いて働く」、「どんな仕事も1人では完結しない」ということについても考えさせられました。今はキャリアを長期的に計画し、どんな仕事にも真面目に向き合いたいと考えています。
 インターンシップに参加するなら、「なぜ参加するのか」「どんな経験・技術を得たいのか」など自身の目的を明確に持ち続けてください。目標を心に留めることで有意義な時間の使い方、仕事への取り組み方を実践できます。そして謙虚にひたむきに仕事に取り組んだ上で、自身の希望を職場にはっきりと伝えることも大切です。

オーストラリアでの仕事の探し方

オーストラリアにおける求人の情報源は、以下のような例が挙げられる。

①オンライン求人サイト

●Australian Job Search(Web: jobsearch.gov.au
●Seek(Web: www.seek.com.au
●Adzuna(Web: www.adzuna.com.au
●CareerOne(Web: www.careerone.com.au)など

②新聞の求人欄

●『Sydney Morning Herald』(土曜版)など

③大学や日本食品店の掲示板

④口コミ

主流はインターネットでの情報収集だが、オーストラリアでは「口コミ」の力も大きい。企業側が社員の友人・知人などに適切な人材がいないか尋ね、どうしても見付からなかった場合に求人情報を一般公開する、というのも珍しい話ではない。それはすなわち「信用」が重視される社会だということを示している。履歴書に推薦人(Referees)を2~3人記入せよと指定されたり、以前働いていた会社からの推薦状を重視することもあるなど、人物考査を非常に重んじる傾向からも、オーストラリアのビジネス・シーンが信用を大切にしているとうかがい知ることができる。

他の方法としては、ビジネス特化型SNS「LinkedIn(リンクトイン)」の履歴書登録サービスなどを利用し自身のアカウントを作っておくと、入力した経歴などに応じて仕事のオファーが来ることもある。


また、企業と人材をつなぐ人材登録会社を利用すると、一般公開されていない求人情報にマッチングしてもらえることもある。オーストラリアには「スタッフソリューションオーストラリア」(Web: www.ssaust.com.au)のような日系の人材登録会社もあるので上手に活用したい。

カジュアル・ジョブ(アルバイト)なら店頭に求人情報が貼り出されていたり、あるいは履歴書を持ってさまざまな店舗に配り歩いて連絡を待つという方法で職探しをするのも一般的だ。

雇用形態

雇用形態は、雇用契約期間や労働時間により以下のように大別される。

●フルタイム(Full-time)

継続的な雇用形態を指し、週平均約38時間労働。労働時間は労使間の同意の下、または労使裁定(Award)や労使協定(Registered agreement)に基づき決定される。病気休暇、有給休暇がある。

●パートタイム(Part-time)

継続的、あるいは期間契約の雇用形態。週平均38時間未満の労働で、毎週決まった時間数働く。フルタイムとほぼ同じ条件で働く権利を有する。

●カジュアル(Casual)

労働時間が定められていない雇用形態。病気休暇、有給休暇が無い。雇用者は事前告知無く解雇できる(労使裁定、労使協定が無い場合)。

■Web: www.fairwork.gov.au/employee-entitlements/types-of-employees(Fair Work Ombudsman)

給与、スーパーアニュエーション

オーストラリアでは新規採用後、試用期間(Probationary Period)が設けられていることがほとんどだ。多くは3カ月、まれに6カ月という企業もある。

なお、2017年4月現在のオーストラリアの最低時給(Minimum wage)は17.7ドル、最低週給は672.70ドルとなっている。ただし業種や経験により最低賃金が異なり、オーストラリア政府の「フェア・ワーク・オンブズマン」のウェブサイトで確認出来る。

ちなみに日本の場合、健康保険や通勤交通費などは雇用者が全てまたは一部負担するが、オーストラリアでは個人負担が一般的だ。

スーパーアニュエーション(年金)については、雇用者は従業員の税引前給与(グロス)の最低9.5パーセントの金額をそれぞれのスーパーアニュエーション・ファンドに積み立てることが義務付けられている。

■Web: www.fairwork.gov.au/pay/minimum-wages/pay-guides(Fair Work Ombudsman)

タックス・ファイル・ナンバー

オーストラリアで働くために必ず必要な9ケタの番号、タックス・ファイル・ナンバー(Tax File Number/TFN)。TFN取得申請はオーストラリア国税局(Australian Taxation Office/ATO)のウェブサイトからオンラインで無料で行うことが出来る。TFNは郵便で届くが最長28日ほどかかるため、オーストラリアで働く可能性のある人は早めに申請しておこう。

■Web: www.ato.gov.au/individuals/tax-file-number(ATO)

求人に応募する、面接を受ける

気になる求人を見つけたら、履歴書(レジュメ)をEメールで送る。この際、カバー・レターを付けるのを忘れずに。履歴書の書き方の良い例・悪い例を次ページで紹介するので参考にしてみよう。

面接を受けられることになったら、当日は清潔な服装で行こう。実際の職務でスーツを着ることはなくても、面接では男性はスーツ、女性もフォーマルな格好が望ましい。初対面の、しかも面接での第一印象は非常に大切だ。

面接に際し心掛けておくことを、シドニーの人材派遣会社「スタッフ ソリューション オーストラリア」に聞いたところ、「まず日本と違いオーストラリアでは“謙虚”は美徳でない上、通じません。日本人は140パーセントくらいに自分を大きく見せるつもりで臨むのが良いでしょう。また、自己紹介と志望動機を英語・日本語の両方で言えるようにしておきましょう。オーストラリアとはいえ、日本語の敬語が出来ずに落とされることもあります」とのことだ。

資格取得、語学力アップ▶▶▶ オーストラリアで働く
英文履歴書サンプル▶▶▶ 日本で働く▶▶▶
Nichigo Press履歴書サービス▶▶▶

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る