ブリスベン・ボート・ショー2016

駐在の高柳さん(Brisbane Yamaha)には日本語で相談が可能
駐在の高柳さん(Brisbane Yamaha)には日本語で相談が可能

第122回
クイーンズランド州の釣り情報
フィッシング・ライター:金園 康秀
(YASU=ブリスベン在住)

ブリスベン・ボート・ショー2016

8月19日から21日までの3日間、「ブリスベン・ボート・ショー」が開催されました。昨年度までの会場であったショーグラウンドから、今年はブリスベン・コンベンション・アンド・エキシビジョン・センターに場所が移され、会場には所狭しとマリン・レジャー用品が展示されました。

カヌーや釣り具の他、各メーカーの新型ボートや、4ストロークが主流になったエンジンなどが豪華にディスプレーされる中、ひときわ目を引いたのが水上バイクの展示。3人乗りの水上バイクには、前後左右に魚群探知機やロッド・ホルダー、そしてクーラー・ボックスなど、いけす釣りに必要な道具が全て装着され、釣り好きの来場者たちを魅了しました。

著者も4ストロークのエンジンにアップグレード
著者も4ストロークのエンジンにアップグレード

時速100キロ前後の高速スピードで一気に釣り場まで走り、一番良い時間帯にポイントを狙うことが可能になるので、短時間で大物を狙うチャンスが倍増するかもしれません。また大きな収納スペースが必要となるボートと違って、水上バイクはガレージなどに収納でき、小型車での牽引も容易。このため置き場所などを理由に手が出せなかった人や、カヌーでの釣りでは物足りないという人を中心に需要が伸びそうな予感がします。

価格はフル装備で1.5~2万ドル弱とボートと比較すると手軽な予算で購入でき、釣りに限らず家族で水上スキーやシュノーケリングなどのマリン・レジャーを楽しめるのも魅力。今回紹介された水上バイクの登場で、「早朝の魚が釣れる確率が高い時間帯に少しだけ出漁して大物を釣る」という釣りスタイルが普及するかもしれません。

オーストラリアの釣り情報
Web: www.fujimaru.com.au

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る