クイーンズランド州の釣り情報/キャスト・ネットで餌獲り

クイーンズランド州の釣り情報

フィッシング・ライター:金園泰秀(YASU=ブリスベン在住)

キャスト・ネットのサイズや形状などはさまざま
キャスト・ネットのサイズや形状などはさまざま

第152回
キャスト・ネットで餌獲り

インターネットで「キャスト・ネット(投網)」について調べると、「円錐形の袋状の網の裾に重りを付けた物を、魚のいる水面に投げ広げ、被せて引き上げる漁法」と出てきます。しかし、オーストラリアでは、専門の漁師以外はレクリエーション目的での釣りの餌となる小魚やエビなどを獲る手段として使用されています。

ネットには広げた時の直径が6フィートから12フィートまでのサイズがあり、もちろん広げたサイズが大きいほど一網打尽の確率が高くなります。ただその分、重たく、キャストの難易度も高くなります。

釣りの前に餌をさっと獲る時には、小型のネットが重宝します。広がるサイズは小さいですが、投げやすくて軽く、持ち運びにも便利です。

最近では、イージー・ネットなどと呼ばれる円盤状の部品が付いたネットが売られています。片手でフリスビーのように手軽に投げられるので陸からはもとより、狭い小型ボートやカヌーからも使えます。カヌーなどで釣りをしていて、水面でエビなどがジャンプしている場所に遭遇した時にさっと投げられますが、中腰になる必要があるのでバランスを崩さないよう注意しなければなりません。

カヤックからでもフリスビーのようにキャストできるネットもある
カヤックからでもフリスビーのようにキャストできるネットもある

キャスト・ネットの投げ方はユーチューブなどでいろいろと紹介されているので、自分に合った投げ方を練習してください。

毎年、秋になり水温が徐々に低下すると、浅いマングローブの根元などで成長したエビが産卵のために深い海に移動するので河口に集まってきます。このエビを狙って(主に食べるため)陸からもボートからもエビが大好きな人たちがネットを担いで集まります。

エビは1人10リットルまで(家で冷凍保管する分も含めて)と規定がありますので、10リットル獲れたら食べ尽くして、なくなったらまた獲りに行きましょう。また、許可を受けた漁師以外はエビの売買が禁止されています。

なお、隣のNSW州ではキャスト・ネットは全面禁止されていますので注意してください。

オーストラリアの釣り情報
Web: www.facebook.com/kanazonoyasuhide

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る