2018年1月 ニュース/コミュニティー「祭りジャパン・フェスティバル」

祭りジャパン・フェスティバル

過去最大規模5万人超

日本文化の紹介と日豪両国民の交流を目的に2006年から毎年シドニーで開催されている「祭りジャパン・フェスティバル」が17年12月9日、ダーリング・ハーバーのタンバロン・パークで開催された。同イベントは在シドニー日本国総領事館やシドニー日本クラブを始め、在シドニーの日本関係各機関・企業の共催によるもので、有志で集まった100人近いボランティア・スタッフが企画から運営までを行った。例年の来場者数をはるかに上回る5万人以上が訪れ、過去最大規模の祭りとなった。

メイン・ステージでは、和太鼓の演奏から歌や踊りのパフォーマンス、アニメ・キャラクターのコスプレ・ショーまで幅広い日本文化が披露され、終日祭りを盛り上げた。特に祭りのために初来豪した琉球忍者「レキオスシアター」によるスピード感溢れる殺陣は多くの観客を魅了した。また、レストランや食品関係の企業が出店した日本食の屋台や、日本酒や梅酒を販売するアルコール・ブースには長蛇の列ができた。

今回のテーマは「体験」。書道や折り紙、生け花のブースの他にも草木染めや箸作りのワークショップなど17のブースが立ち並び、家族連れでにぎわった。夜にはやぐらを囲んで盆踊りが行われ、日本らしい風景で祭りが締めくくられた。(取材=久保田真奈)

竹若敬三・在シドニー総領事(左)とロバート・コック・シドニー市議会議員
竹若敬三・在シドニー総領事(左)とロバート・コック・シドニー市議会議員
シドニー日本クラブと在シドニー日本国総領事館の方々
シドニー日本クラブと在シドニー日本国総領事館の方々
シンプリー・ネイティブ・ジャパンの藍染体験ブース
シンプリー・ネイティブ・ジャパンの藍染体験ブース
会場ではコスプレ来場者による即興パフォーマンスも
会場ではコスプレ来場者による即興パフォーマンスも
重量級の2人で迫力満点の相撲試合
重量級の2人で迫力満点の相撲試合
飯島浩樹氏と豪州かりゆし会によるパフォーマンス
飯島浩樹氏と豪州かりゆし会によるパフォーマンス
活況を呈す鱒屋水産ブース
活況を呈す鱒屋水産ブース
祭りを支えるボランティアの皆さん
祭りを支えるボランティアの皆さん
Mad Unityによるダンス・パフォーマンス
Mad Unityによるダンス・パフォーマンス
JALブースの折り紙ヒコーキ・ゲーム
JALブースの折り紙ヒコーキ・ゲーム
元気いっぱいに組手を披露する極真会空手の子供たち
元気いっぱいに組手を披露する極真会空手の子供たち
上善如水・販売ブース
上善如水・販売ブース
キャンディーズの曲を披露したQP☆Honey
キャンディーズの曲を披露したQP☆Honey
剣道の実演パフォーマンス
剣道の実演パフォーマンス
日本酒を楽しむコスプレ姿の来場者
日本酒を楽しむコスプレ姿の来場者
和太鼓りんどうによる太鼓パフォーマンス
和太鼓りんどうによる太鼓パフォーマンス
山梨県ブースの皆さん
山梨県ブースの皆さん
書道のワークショップ・ブース
書道のワークショップ・ブース
JCS Hula Aloha Hawaiian Groupのステージ
JCS Hula Aloha Hawaiian Groupのステージ
おもちゃの金魚すくいを楽しむ来場客
おもちゃの金魚すくいを楽しむ来場客
草月流シドニー支部生け花デモンストレーション
草月流シドニー支部生け花デモンストレーション
木工用工具を使った箸作り体験
木工用工具を使った箸作り体験
JCS Sydney Soran Dancing Troupeによるよさこい演舞
JCS Sydney Soran Dancing Troupeによるよさこい演舞
茶道のワークショップ・ブース
茶道のワークショップ・ブース

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る