ソーシャル・シーン(~2016年2月)

ソーシャル・シーン

本紙編集部では、コミュニティーのパーティーや催し、スポーツ大会などの模様を撮影した写真を募集しています。応募される方は、そのイベントの正式名称、日時、場所、写真に写っている人の名前(漢字またはカタカナのフルネーム)、開催の趣旨、当日の様子などの詳しい情報を写真に添えて日豪プレス編集部まで郵送してください。デジタル・カメラで撮った画像をEメールでお送りいただく場合は、画像を添付してnichigopress@gmail.comまでお送りください。採用された方にはこちらからご連絡いたします。

※写真キャプションのお名前は、特に記述がないものはすべて左端から

FEB

JCS親睦の会、新年会開く
2月13日 チャッツウッド「ドガティー・コミュニティー・センター」

JCS親睦の会の新年会に来賓として隣席した在シドニー日本国総領事代理、八重樫好則領事(中央)と会員の皆さん
JCS親睦の会の新年会に来賓として隣席した在シドニー日本国総領事代理、八重樫好則領事(中央)と会員の皆さん

シドニー日本クラブ(JCS)の「親睦の会」は、新春を祝う恒例の新年会を開催した。同会の会員ら42人が参加した。林さゆり・親睦の会会長による開会の辞に続き、日本国歌斉唱の後、来賓の在シドニー日本国総領事代理、八重樫好則領事が祝辞を述べ、水越有史郎JCS会長の音頭で乾杯。お正月にちなんだ特注の和食料理に舌鼓を打ち、日本を懐かしんだ。また、面白い川柳を紹介した「新春初笑い」やゲームを楽しみ、輪になって日本の曲を歌ったほか、豪華賞品が当たる「ドア・プライズ」などで盛り上がった。今年も健康で幸せに過ごせるよう、そして日本の被災地の復旧・復興と世界の平和を心から祈り、三三七拍子で手締めとなった。(投稿=本紙)

JAN

第6回シドニーふくしま会が開催
1月23日 シドニー「だるまレストラン」

12人が参加し大いに盛り上がったシドニーふくしま会
12人が参加し大いに盛り上がったシドニーふくしま会

新年会を兼ねた第6回ふくしま会を行いました。これまでで最多となる12人が参加されました。2次会はカラオケで大盛り上がりでした。次回の県人会は3月に予定しております。パートナーの参加も大歓迎です。当会は福島県出身者、福島に縁があり福島を愛する人たちが親睦を深める陽気な会です。シドニーで同郷の方にお会いできるのも何かのご縁ですので、ぜひ皆さんお気軽にご参加下さい。お問い合わせは渡辺(kenji.watanabe31@gmail.com、0425-255-548、Facebookシドニーふくしま会)まで。(投稿=シドニーふくしま会)

FEB

シドニー着物エンジョイ倶楽部
2月13日 ミドル・コーブ「青山寺」、チャッツウッド「RSLクラブ」

今回も華やかな着物に身を包んだ参加者の皆さん
今回も華やかな着物に身を包んだ参加者の皆さん

2月はまだまだ暑くて、この日もクーラーをかけながら、なんとか皆さん着付けを済ませました。夕方にチャッツウッドのRSLクラブで食事前の1杯。地元の方々に「Beautiful」などとお褒めの言葉をいくつも頂きました。ビールや日本酒を片手にみんなで着物の話をしながらワイワイ話をしてたら、あっという間に時間が過ぎてしまいました。着物に関する情報交換の場でもあり、着物を自分で着てみたい方はぜひ一度参加してみてくださいね。Facebook「シドニー着物エンジョイ倶楽部」ページも参照してください。(投稿=カスカート幸子)

FEB

シドニー早稲田大学稲門会が月例会を開催
2月17日 シドニー「オーストラリアン・ホテル」

月例会に参加した皆さん
月例会に参加した皆さん

シドニーで最古級の老舗パブ「オーストラリアン・ホテル」で、早稲田大学OBの月例懇親会「三水会」を開催しました。ホテルを併設したパブの建物はシドニー発祥の地ロックスにあり、歴史を感じさせるたたずまい。「オーストラリアに来たからにはパブ」との幹事さんの狙いは見事に的中、20人近くが参加し、盛況でした。たまたまシドニーを旅行中の現役学生さんも飛び入り参加してくれました。
 潮風が心地良いテラス席を陣取り、いざ。「五郎丸歩選手のレッズでの活躍を祈念して、乾杯!」。そう、五郎丸選手は早大ラグビー部出身なのです。
 看板のオリジナル・ビール「シャレス・ラガー(Schares Lager)」はドイツ風で、濃厚な味わい。カンガルーやワニ、エミューの肉が乗った名物のピザに、よく合いました。(投稿=シドニー早稲田稲門会)

JAN

青山学院大学・20周年校友会
1月24日 ダーリンハースト「廬山ジャパニーズ・レストラン」

今年20周年を迎えた青山学院大学校友会シドニー支部では1月24日、新年会を兼ねて20周年記念校友会を開催しました。日本に帰国している人や出張の人も多く参加者は7人と少ない結果となりましたが「そんな自由気ままな感じもまた青学生らしいね」と皆で納得。当日はアリススプリングス在住の野島さん親子も参加し、正月の日本帰国時に手に入れた箱根駅伝のペナントを提供してくれました。また大谷会長から青学カラーの箱根駅伝Tシャツが提供され、あみだくじで当選者を決しました。シドニーから日本に帰国した集まり「恋豪会」の方々からも20周年を祝したコメントが届けられ少人数ながら盛り上がりを見せた会となりました。校友会参加希望者はmegmmy110@gmail.com(Megumi)まで連絡ください。(投稿=青山学院大学校友会シドニー支部)

校友会参加の皆さん
校友会参加の皆さん
箱根駅伝のペナントとTシャツはASAKOさんがゲット
箱根駅伝のペナントとTシャツはASAKOさんがゲット

FEB

第23回 神奈川県人会が開催
2月12日 シドニー「Yumeiジャパニーズ・レストラン」

大盛況だった新年会に参加した皆さん
大盛況だった新年会に参加した皆さん

少し遅い新年会でしたが、シドニーではチャイニーズ・ニュー・イヤーのセレブレーションがちょうどあり、大盛況の新年会でした。今回は、会員の方々が中心となって行っている東日本大震災復興支援イベントのお話しがあり、3日11日、12日とマンリーのSt. Mathews Churchで開催されますので、『日豪プレス』の読者の皆さんも、ぜひ参加してみて下さい。最近では、被災者の方々が撮られた、個人ビデオがいろいろと放映されていますが、災害時の避難は大変そうです。実際の災害の大きさが、すぐには予測できないからでしょう。「自然と共に生きる」という、アボリジニーの人々の生き方が、ふと頭に浮かびました。(投稿=県人会会長・小川信司)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る