豪州ラグビー通信「ワラビーズ、グランドスラム・ツアー!」


豪州ラグビー通信

文=YASU

ワラビーズ、グランドスラム・ツアー!

ツアー初戦から3連勝!

毎年11月に行われる豪州代表「ワラビーズ」のスプリング・ツアー。今年は、英国4カ国(イングランド、ウェールズ、スコットランド、アイルランド)にフランスを加えた欧州トップ5と対戦するグランドスラム・ツアーとなりました。11月19日(土)までに3試合を終え、初戦より連勝を続けています。

ワラビーズのここ一番の頼れる存在、テビタ・クリンドラニ(CTB)
ワラビーズのここ一番の頼れる存在、テビタ・クリンドラニ(CTB)

初戦のウェールズ戦では、1トライを奪われるも32-8で快勝し幸先の良いスタートを切りました。第2戦のスコットランド戦では、昨年のW杯決勝トーナメントの雪辱に燃える相手に序盤よりリードされる展開。しかし、終了間際にワラビーズが逆転すると、その後のスコットランドの猛攻に耐え23-22でワラビーズが逃げ切りました。

そして、第3戦のフランス戦では第2戦の先発メンバーから初代表となる選手も含め11人を入れ替え、フレッシュなメンバーで臨みました。フランスに先手を取られるゲームでしたが、中盤にワラビーズがペースをつかみ逆転するとその後も加点、試合を優位に進めます。しかし、ホームのサポーターの後押しもあり、フランスは粘り強いディフェンスと果敢なアタックで終盤に2点差まで追い上げます。最後は、ラスト・プレーでフランスが放ったドロップ・ゴールが左に外れノー・サイド。ワラビーズが25-23で接戦を制しました。

スプリング・ツアーも残り2試合。ワラビーズは、11月26日(土)にオール・ブラックスの連勝記録を止め勢いに乗るアイルランドと、12月3日(土)の最終戦では今年6月に3連敗を喫したイングランドと対戦します。元豪州代表HCであり、昨年は日本代表HCとして世界に衝撃を与えた名将、エディ・ジョーンズ氏の率いるイングランドは、同HCの就任以降11連勝中(11月19日時点)。ワラビーズとしてはツアーの集大成として今年最後のテスト・マッチを締めくくりたいところ。世界が注目する戦いとなることは間違いないでしょう。

Sunday Footy!
毎週日曜日(12PM~14PM)、フィッシュ・マーケット近くのウェントワース・パークでは、ラグビー好きの老若男女が集まりタッチ・ラグビーを楽しんでいます。初心者も大歓迎、皆さんぜひお気軽にご参加下さい!
Tel: 0412-553-535(Yasu)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る