豪州ラグビー通信「ラグビー・チャンピオンシップ2018開幕!」

豪州ラグビー通信

文=YASU

ラグビー・チャンピオンシップ2018開幕!

開幕戦、ワラビーズはオール・ブラックスに完敗

世界一に君臨し続けるオール・ブラックス渾身のハカ
世界一に君臨し続けるオール・ブラックス渾身のハカ

今年も南半球4カ国(オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、アルゼンチン)の代表チームによるラグビー・チャンピオンシップが始まりました。オーストラリア代表“ワラビーズ”対ニュージーランド代表“オール・ブラックス”による開幕戦が8月18日(土)、シドニー・オリンピック・パーク(ANZスタジアム)で行われ、この両国における歴史ある「ブレディスロー・カップ」のタイトルも懸けた伝統の一戦に注目が集まりました。

試合は、ワラビーズが序盤より世界王者のオール・ブラックスを相手に堅守で健闘。PGで先制、追加点も挙げ、前半終了間際にトライを奪われるも、6-5のリードで後半へ折り返しました。

しかし、後半早々にトライを奪われ逆転を許すと、オール・ブラックスは連続トライでゲームの主導権を握ります。ワラビーズは終盤に一矢を報いるトライを挙げましたが、その後も更に突き放されノー・サイド。13-38でオール・ブラックスに完敗。昨年に続き黒星スタートとなりました。

この日のオール・ブラックスのトライは、巧みにボールをつないだ連続プレー、そして個々の高いスキルにオプションも備わった、いずれも観る者を魅了する世界一にふさわしいものでした。また同日に行われた南アフリカ対アルゼンチンは、34-21でホームの南アフリカが勝利。第2節は8月25日(土)に、それぞれ同カードで会場をホームとアウェーに入れ替えて行われます。

スーパー・ラグビーはクルセイダーズが優勝!

8月4日(土)に行われた決勝戦は、史上初となる2年連続で同チームによる対戦、クルセイダーズ(ニュージーランド)対ライオンズ(南アフリカ)となり、ホームで存分に力を発揮したクルセイダーズが連覇を達成、他を圧倒する最多9回目の王者となりました。

ライオンズは初優勝に王手を掛けたものの、またしてもクルセイダーズに阻まれ、悲願達成は持ち越し。南アフリカ勢の優勝は2010年(ブルズ)を最後に遠ざかっていますが、来年以降の活躍にも期待です。


Sunday Footy!
毎週日曜日(10:30AM~12:30PM)、フィッシュ・マーケット近くのウェントワース・パークでは、ラグビー好きの老若男女が集まりタッチ・ラグビーを楽しんでいます。初心者も大歓迎、皆さんぜひお気軽にご参加下さい!
Tel: 0412-553-535(Yasu)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る