豪州ラグビー通信「ワラビーズ、スプリング・ツアー」

豪州ラグビー通信

文=YASU

ワラビーズ、スプリング・ツアー

ワラビーズは連敗後、イタリアに勝利!

ワラビーズのWTB定着を狙うマリカ・コロインビテ(写真は6月に行われたアイルランド戦より)
ワラビーズのWTB定着を狙うマリカ・コロインビテ(写真は6月に行われたアイルランド戦より)

ラグビー・ワールド・カップを来年に控えた、各国代表チームによるテスト・マッチが行われ、各地で熱戦が繰り広げられています。

毎年11月に行われるオーストラリア代表「ワラビーズ」の欧州遠征。今回は10月27日(土)に横浜・日産スタジアムで、ブレディスロー・カップ第3戦としてニュージーランド代表「オール・ブラックス」と対戦した後、欧州へ移動することになりました。

そのオール・ブラックス戦では、前半を10-17と互角に戦い後半へ折り返したものの、世界王者に突き放され、20-37で敗れました。しかし、来年のワールド・カップ決勝と同じ舞台で4万6,000人もの観衆の前で戦え、更には同大会でもワラビーズの滞在地となっている小田原でキャンプを行うこともでき、収穫の多い日本ツアーとなりました。

その後英国に移動したワラビーズは、11月10日(土)にウェールズと対戦しました。ホームのサポーターの声援を受けるウェールズの堅守が光り、トライを奪えないワラビーズ。しかし、ワラビーズも相手に隙を与えず終盤まで6-6というロー・スコアの展開に。そして勝負を分けるPGのチャンスを得たのはウェールズ。勝ち越しとなるゴールを決め、9-6でウェールズがノー・トライ・ゲームを制しました。

ワールド・カップを見据え、積極的な選手起用を続けるワラビーズ、マイケル・チェイカHCのスタンスは、連敗後も変わらず。続くイタリア戦では、初代表となるジェイク・ゴードンをSHに、そして現在日本のトップ・リーグ(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)に所属する代表116キャップの大ベテラン、アダム・アシュリークーパーをWTBで起用。試合は、マリカ・コロインビテ(WTB)の連続トライもあり、26-7でワラビーズが勝ちました。ツアー最終戦は11月24日(土)、ラグビーの聖地トゥイッケナムでイングランド代表と対戦。今年のテスト・マッチを集大成となる好ゲームで締めくくり、来年の躍進に期待!


Sunday Footy!
毎週日曜日(10:30AM~12:30PM)、フィッシュ・マーケット近くのウェントワース・パークでは、ラグビー好きの老若男女が集まりタッチ・ラグビーを楽しんでいます。初心者も大歓迎、皆さんぜひお気軽にご参加下さい!
Tel: 0412-553-535(Yasu)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る