ワラタスが王手 ! 2014スーパー・ラグビー

豪州ラグビー通信
ファイナル・シリーズでも主役。ワラタスのFB、イズラエル・フォラウ

ワラタスが王手 ! 2014スーパー・ラグビー

文=YASU

南半球3カ国(豪州、NZ、南ア)による、世界最高峰のラグビー・コンペティション「スーパー・ラグビー」は7月13日にレギュラ・ーシーズンの全日程を終えました。この結果、シドニーを本拠地とするワラタスが1位、最多優勝を誇るクルセイダース(NZ)が2位、そして3位には南アから唯一となったシャークス、以下、ブランビース(Aus)、チーフス(NZ)、ハイランダーズ(NZ)と続き、この上位6チームがファイナル・シリーズに進出しました。

その翌週、早速行われた準々決勝は、シャークス(3位)−ハイランダーズ(6位)、ブランビーズ(4位)−チーフス(5位)の組み合わせで行われ、試合はいずれも最後までもつれる好ゲームとなりました。ハイランダーズは果敢に展開し前半をリードして折り返しましたが、ここ一番でシャークスの強力FWに圧倒され、トライ、PGを献上、シャークスは逆転するとそのまま逃げ切り31−27で準決勝進出を決めました。また、ブランビーズは、一時は19点差をつけたもののディフェンディング・チャンピオンのチーフスに追いつかれ、最後はゴールキック差の32−30でブランビーズが辛くも勝利、こちらもどちらが勝ってもおかしくない試合内容でした。

この結果、準決勝の組み合わせは、ワラタス(1位)−ブランビーズ(4位)、クルセイダース(2位)−シャークス(3位)となりました。試合会場はレギュラー・シーズンの上位チームのホームとなることから、ワラタスはこの準決勝、並びにそれに勝った場合の決勝もホームで行えるアドバンテージがあります。今までにも豪州代表“ワラビーズ”の面々をずらりとそろえながらもなかなかタイトルを手にすることができなかったワラタス、今年こそは悲願の初優勝に現実味が増してきました。果たして今年はどのチームが栄冠を手にするのか。

Sunday Footy!
毎週日曜日(午後12〜2時)、シドニー・フィッシュ・マーケット近くのウェントワース・パークでは、ラグビー好きの老若男女が集まりタッチ・ラグビーを楽しんでいます。初心者も大歓迎、皆さんぜひお気軽にお越しください!
Yasu: 0412-553-535

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る