しゅり先生のゴルフ・ワンポイント・レッスン【第28回】

●今月のお悩み●
ショットでボールが高く上がらず、低いボールが多くなってしまうのが悩みです。ポーンと高く上がるボールが打ちたいので、ぜひアドバイスをお願いします。
(ヴィッティ美子さん=ゴルフ歴4年)


1

2

3

4

5

6

しゅり先生のワンポイント・アドバイス

まず、アドレスでの体重がかなり左に掛かっていますので(写真1)、もう少し右体重で構えてください。
 今のアドレスの姿勢では、腕や手の力でバック・スイングが上がってしまい、せっかくの前傾姿勢がキープできず、トップで体が伸び上がってしまい(写真2)、体の回転があまりできていないバック・スイングとなっています。
 体の回転が少ないトップからのスイングは、腕や手の力を使ったフォロー・スルーになってしまうことがあります。そのため、インパクトで体が踏ん張ってしまい、腕をスムーズに振ることができなくなってしまいます。
 クラブの角度通りにボールを上げるには、腕や手の力ではなく(写真5)、クラブ・ヘッドをインパクトで低く走らせることが重要です。そのために、バック・スイングのトップからは、体の回転をよくイメージして、体の右サイドをもっとボールに向ける(写真4)、右足をもっと上げて(写真5)、左に体重移動をしながら、低く振り抜くようにスイングしてみてください。

相談者の感想

写真を見て初めて、体の回転ができてないことがよく分かりました。ボールを高く上げようと思うばかりに、ついつい反対のことをしていたようです。もっと前傾姿勢に気を付けながら、腕を低く振り抜くようにスイングしてみます。とてもためになるアドバイスをありがとうございました。


しゅり先生プロフィル
1987年来豪、シドニーでアマチュアとして活躍後96年プロに転向。日本人初の豪州政府公認ゴルフ・コーチの資格を獲得し、指導を行っている。オーストラリア女子プロゴルフ協会会員。しゅりズ・ゴルフ・スクール主催。オーストラリアゴルフ・ライター協会会員

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る