しゅり先生のゴルフ・ワンポイント・レッスン【第34回】

●今月のお悩み●
ショットするとボールが右に行ってしまうことが多いです。真っすぐで、もっと遠くにボールを飛ばしたいので、アドバイスをお願いします。
(セナツちゃん=ゴルフ歴6カ月)


1

2

3

4

5

6

しゅり先生のワンポイント・アドバイス

ゴルフを初めて間もないセナツちゃんですが、パー3の短いコースでは既にパーを取るなどとても頑張っています。そんなセナツちゃんの悩みは、右に行くショットが多いとのこと。早速、スイングを見てみましょう。
 まず、セナツちゃんのアドレスの姿勢。左足に体重が少し掛かっています(写真1)。そのため、バック・スイングのトップで左足が踏ん張ってしまい(写真2)、あまり体重移動ができていません。そしてダウン・スイングで、体の回転と体重移動ができず、腕と手が先に下りてきています(写真3)。
 手打ちスイングでは飛距離が出ないので、アドレス時に体重を少し右足寄りにし、バック・スイングのトップで左足のかかとを上げてみてください。そうすることで体重移動がしやすくなるはずです。ダウン・スイングからは左足に体重を移動させて、フィニッシュまで振り抜くように練習してください。
 ボールが真っすぐ飛び、飛距離もアップすると思います。頑張ってください。

相談者の感想

コンペに出た時も右に飛んでしまうことが多くて、ずっと困っていました。しゅり先生に言われた通り、左足のかかとを上げてバック・スイングしてみると、自然に体重移動ができて、ボールも真っすぐ飛ぶようになりました。たくさん練習して、もっと遠くに飛ばせるようにしたいと思います。次のコンペも楽しみです。ありがとうございました!


しゅり先生プロフィル
1987年来豪、シドニーでアマチュアとして活躍後96年プロに転向。日本人初の豪州政府公認ゴルフ・コーチの資格を獲得し、指導を行っている。オーストラリア女子プロゴルフ協会会員。しゅりズ・ゴルフ・スクール主催。オーストラリアゴルフ・ライター協会会員

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る