SA州政府、州全域に6日間のロックダウン指令

メルボルン・ロックダウン式の全州民の自宅足止め

 帰国者隔離ホテルで清掃職員が感染し、警備員に感染させたところから広まったと見られているSA州アデレード市のコロナウイルス・クラスターは陽性が確定した者だけでも23人、さらに7人が検査結果待ちになっている。

 1人の感染が5日間で30人近くの感染に広がっており、VIC州メルボルン都市圏の轍を踏むことを恐れたスティーブン・マーシャル州政権は早々に11月18に深夜より州全域にメルボルン式の厳しいロックダウンを指令した。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 SA州当局はコロナウイルス・クラスター収束に尽力する一方で、「サーキット・ブレーカー」として、6日間の大規模なロックダウン措置を取っている。このSA州のコロナウイルスは増殖が非常に速く、症状が出ないまま感染を広げていくことが知られている。

 そのため、6日間にわたり、学校、パブ、喫茶店、テイカウェイ、建設業界がすべて閉鎖され、選択的外科手術も停止され、緊急手術やガン治療のみが認められる。結婚式、葬儀もこの期間は禁止され、さらに屋外での運動も禁止される。ただし、コロナウイルス対策に従事する職業や緊急その他6日間の間に社会的に必要とされる職業従事者の子供のみ学校に登校することが認められる。また、水道、電気、通信など重要なインフラストラクチャ、スーパーマーケットは営業を続ける。また、精神衛生を含む医療、公共交通機関は営業を続ける。

 1世帯あたり1日に1人だけが必要最低限の4つの目的でのみ外出が認められる。また、自宅から離れる時はマスクをすることが勧められている。

 法廷はすべて閉鎖され、審理はすべて6日間停止されるが、保釈申請、差し止め請求、DVの接近禁止命令など緊急を要する事案については開廷する。

 マーシャルSA州首相は、「タイミングが重要であり、今回、機会を逃さず、感染がこれ以上大きくなる前に徹底的に対処する」と語っている。

 ニコラ・スプリア主席医務官は、「SA州に入り込んだコロナウイルスの株は増殖が非常に速く、潜伏期間も24時間程度と短く、ごくわずかな症状のうちに感染を広げる特徴がある」と述べている。
■ソース
South Australia ordered into six-day lockdown amid coronavirus outbreak

 幌北学園 blancpa novel-coronavirus nichigowine  kidsphoto

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る