インナーウェスト、南西部でも患者立ち寄り先判明

スーパーマーケット、ショッピング・センターなどに警報

 1月10日、NSW州ではシドニー都市圏インナーウェスト、西部のスーパーマーケット、ショッピング・センターにコロナウイルス感染者が立ち寄ったことが判明したため、地域の商業施設に警報が出されている。

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙(SMH、電子版)が伝えた。また、特定日時の詳細は下記のリンク先ニュース参照のこと。

 特定日時に下記の商業施設に立ち寄った者は日常接触と見なされるため、検査を受け陰性判定が出るまで自己隔離しなければならない。自己隔離中に症状が出た場合はもう一度検査を受けなければならない。

 Thai Hung Supermarket, Marrickville; Bankstown Central Shopping Centre (特にMyer, Target, Smiggle, Big W, Best and Less, Oporto); Bankstown Central Shopping Centre (特にBig W, Smiggle, Oporto); Service NSW, Bankstown。

 特定日時に下記の商業施設に立ち寄った者は症状に注意し、症状が現れた場合には直ちに検査を受け、陰性判定が出るまで自己隔離すること。

 Bankstown Central Shopping Centreで上記施設以外の場所に立ち寄った者; Bankstown Central Shopping Centreで上記施設以外の場所に立ち寄った者。

 また、これまでに発表された全商業施設のリストは、NSW Healthウェブサイトを参照のこと: https://nsw.gov.au/covid-19/latest-news-and-updates.
■ソース
New coronavirus venues in Marrickville, Bankstown

 幌北学園 blancpa novel-coronavirus nichigowine  kidsphoto

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る