WA州パースのホテル隔離警備員はイギリス型感染

州政府、パース都市圏などにロックダウン発令

 2月1日付ABC放送(電子版)は、パース都市圏などの5日間のロックダウンの原因になったパースのホテル、Four Points by Sheraton Perthのホテル隔離警備員のコロナウイルス陽性は、感染力の強いイギリス型突然変異種感染と判明したと報じている。

 WA州警察のクリス・ドーソン長官は、「この患者が動き回った地域の住民の動きを制限するためにはこの5日間のロックダウンが重要だ。今日、患者のコロナウイルスが感染力の強いイギリス型株だというゲノム解析結果を受け取った」と語っている。

 マクガワン州首相は、「5日間のロックダウンに入り、検査所には列もできているが、市中感染陽性者は発見されていない。州全域で合計3,171人が検査を受けた。これまで1日の検査回数は約500人だったから大きな伸びだ」と語っている。

 また、「濃厚接触とされた13人は検査の結果、陰性と判定された。そのうち高リスク接触とされた11人については、安全のため、ホテル隔離に移された」と続けた。

 さらに、「濃厚接触は合計66人が確認されており、今日中に全員が検査を受けることになっており、また全員が隔離に入っている。また、接触追跡班がデータ分析を続けており、濃厚接触者がさらに増える可能性もある。陽性ホテル警備員が立ち寄った場所に同じ時間帯に立ち寄った人はなるべく早く検査を受けてもらいたい」と語っている。

 保健当局によると、感染ホテル警備員は1月26、27日に隔離ホテルに勤務した後、28日に発症し、欠勤報告し、29日、検査所に行かず、GPに行ったため、GPでコロナウイルス・クリニックに行くよう指示されたが、指示に従ったのは翌30日だった。

 当局では、ホテル警備員が感染したのは25日で、1月26、27日に出勤したり各所に立ち寄っていた時期には感染力があったと思われるとしている。

 ドーソン警察長官は、「この警備員を犯罪者のように見るべきではない。彼は少しタイミングを逃したが、自発的に検査を受けに来たし、当局に協力している」と語っている。
■ソース
Perth hotel quarantine guard who triggered WA coronavirus lockdown has mutant UK strain

 JCB Yumepirika Campaign CJM Lawyers 幌北学園 kidsphoto nichigowine 
日豪プレス 配布場所   日豪プレス キレイになろう特集 Coupon Banner

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る