事故現場に突っ込んだトラック運転手に22年判決

VIC、ハイウェイ・パトロール警察官4人死亡事故

 2020年4月22日午後5時40分、VIC州メルボルン郊外のイースタン・フリーウェイで速度違反のポルシェを停め、緊急車線で手続きをしていたところに20トンの冷凍車トラックが突っ込み、警察官4人が死亡した事件で、トラックの運転手に懲役22年の判決が下された。

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙(SMH、電子版)が伝えた。

 事故の前、キュー地区の同フリーウェイでリチャード・ピュージーが法定速度を大きく上回るスピードでポルシェを運転しているのを見つけた警察車がピュージーに停車を命じ、緊急車線で警察車のリネット・テイラー、ケビン・キング両巡査長、グレン・ハンフリス、ジョウッシュ・プレストニー両巡査が降りてポルシェの押収を話し合っているところに、モヒンダー・シンの運転する20トン冷凍貨物トラックが時速62kmから80kmの間の速度で突っ込み、4人を死なせた。

 シンは事故の前も休息を取らず、もっぱらドラッグの密売や服用で時間をつぶしていた。

 トラックが突っ込んだ時には、ポルシェを運転していたピュージーは路肩で放尿しており、事故後、瀕死の警察官を自分のスマート・フォンでビデオ撮影した他、瀕死のテイラー巡査長に向かって、「俺はスシが食べたくて急いでいただけなのに、俺の車を台無しにしやがって」と叫び、そのまま現場から立ち去ったとされており、この事故とは別に起訴され、裁判が続いている。

 二児の父親、シン被告人(48)は事故後に逮捕されて以来勾留されており、4月14日、ポール・コグラン州最高裁判事は、被告人に懲役22年、仮釈放まで18年6か月の量刑を言い渡した。

 シンは事故前の72時間で5時間しか眠っておらず、仲間のドラッグ・ユーザーもシンに休むように言ったが、シンの習慣性は極端になっており、事故直前にもフリーウェイの路肩にトラックを停め、ドラッグを密売していた。リンドハーストの車庫出てからの40分間、不安定な運転ぶりで他のドライバーも警戒しており、現場の緊急車線に突っ込んだ時もブレーキをかけた形跡がなかった。専門家は、その時の運転者の神経への影響は血中アルコール濃度換算で0.3、法定限度の6倍に相当と分析している。
■ソース
Truckie Mohinder Singh jailed for 22 years over deaths of four police officers

 Happy Rich Harding legal JCB Yumepirika Campaign 幌北学園 Japanaroo 
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る