豪選手団の東京オリンピック・ユニフォーム発表

灰色のリネン・ブレーザーと緑のショーツ

 5月18日、オーストラリア選手団が東京オリンピック開会式で着るユニフォームが発表された。

 デザインはSportscraftと発表されている。

 同日付シドニー・モーニング・ヘラルド紙(SMH、電子版)が伝えた。

 4年に1回、オリンピック・ユニフォームが発表される度にユニフォーム・デザインの批判をするのがオーストラリアの国民的な楽しみのようになっている。

 今年の豪選手団ユニフォームの国民的評価はまだ定まっていないが、上着は灰色のリネンのジャケットで、最近まれに見るミニマリストのブレーザー・デザインと評されている。デザインのSportscraftはオリンピック・ユニフォームを手がける老舗で評判の悪いユニフォームもそれほど悪くないユニフォームもデザインしてきた。

 ただし、表はミニマリストでも裏地に秘密があるとされている。過去の320人にのぼる金メダル獲得者の名前が記されていると伝えている。

 下は過去2回のような白のショーツではなく、今年は緑のショーツになる。また、丈も短めになる。

 記事は、東京の7月は平均最高気温が30度にもなり、ショーツの丈が短いのも選手にはありがたいことだろうとしている。

 記事筆者、HMS紙とエージ紙のメリッサ・シンガー全国ファッション編集者は、「今年の豪選手団ユニフォームは、「いい意味で銀行出納係を思わせる」と結んでいる。
■ソース
Bland or chic? Have your say on our Olympic uniforms

 JCB Yumepirika Campaign CJM Lawyers 幌北学園 kidsphoto nichigowine 
日豪プレス 配布場所   日豪プレス キレイになろう特集 Coupon Banner

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る