VIC州政府、NSW州、ATCとの州境閉鎖決める

メルボルン・ロックダウン時期と立場が逆転

 VIC州は11日間連続で新陽性者ゼロを記録しており、ダニエル・アンドルーズVIC州首相はこの2,3日、「NSW州内に留まっているVIC州民は帰るつもりなら早めに帰ってくるように」と呼びかけていたが、州保健当局が、7月11日付でNSW州に対する州境閉鎖を指示した。

 同日付ABC放送(電子版)が伝えている。

 2020年後半のメルボルン・コロナウイルス第二波でVIC州が長期のロックダウンを発令していた時期、NSW州政権は「コロナウイルス対策の優等生」と呼ばれ、VIC州に対して厳しい州境閉鎖を実施していた。

 現在、2週間の予定の大シドニー地域ロックダウンは連日陽性者が増加し続け、1週間延長されたが、3週目初めにグラディス・ベレジクリアンNSW州首相が、「さらに延長しなければならない気配が強い」と発言している。

 州境閉鎖は同日午後11時59分から実施される。

 州保健省は、「現在、NSW州では毎日感染者が増え続けており、現在の「レッド・ゾーン」が大シドニー地域やその周辺地域を超えて広がる恐れは十分にある」と発表している。

 NSW州では大シドニー地域で7月10日午後8時までの24時間に新たに77人が陽性と判定されており、そのうち22人は感染経路が明らかになっていない。VIC州の主席医務官代理は、「州の旅行許可制度に基づき、NSW州全域とACTがレッド・ゾーンになり、原則的にVIC州境を閉鎖することになる」と発表している。

 州境閉鎖実施後は帰宅のVIC州民のみ入州直後から14日間のホテル隔離に入ることを条件として、またその他には特別許可を受けた者だけがNSW州・ACTからVIC州に入ることができる。

 アンドルーズVIC州首相は、「帰宅または入州する者は許可条件を守らなければならない。条件に違反すれば必ず見つかり、罰金を科せられるだけでなく、メディアで報道され、州の有名人になることは間違いない。VIC州にウイルスが持ち込まれることは誰も望まないから、よく心得て正しい行動を取ってもらいたい」と語っている。

 また、「ベレジクリアンNSW州首相には、昨年のVIC州のロックダウンの教訓と支援を伝えた。シドニーで問題が起きればそれは全国の問題だ」と語っている。
■ソース
Victoria to close border to NSW as COVID-19 outbreak worsens

 Happy Rich Harding legal 幌北学園 Japanaroo  kidsphoto
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る