NSW州、新たに961人陽性、死者9人

政府、ロックダウン出口を示す

 9月26日付ABC放送(電子版)は、NSW州政府の発表として、9月25日午後8時までに新たに961人をコロナウイルス陽性と判定した。また、9人がコロナウイルス感染症で亡くなったと伝えている。

 また、グラディス・ベレジクリアンNSW州首相は、今週中にロックダウン終了、規制緩和への道程の詳細を発表する、未接種者がいつロックダウンから脱出できるのかもその中で明らかにすると述べている。NSW州では2回の完全接種率が10月6日までに70%に達すると予想されており、規制緩和は10月11日に実施する計画が明らかにされている。1日あたりの陽性者発生数が久しぶりに1,000人を下回っており、明るい先行きが予想されるが、ベレジクリアン州首相は、「気を緩めないよう」にと呼びかけている。

 さらに、NSW州では16歳以上の成人人口の85.2%が最低1回はワクチン接種を受けており、さらに59.2%は2回の完全接種済みとなっていることが規制緩和に向けた動きを後押ししており、「11月にはこれまでしたくてもできなかった旅行を計画することもできるようになる。政府は単に完全接種者の行動の自由だけでなく、未接種者も活動に参加できるようになることを計画に組み込んでいる」と語っている。

 また、未接種者の規制緩和は接種者に遅れて始まるが、それに向けて、州政府は中小ビジネスに協力し、規制遵守チェック体制を維持するよう働きかけている。

 さらに、「シドニー都市圏西部と南西部のホットスポットだった12自治体では新陽性者が減少傾向にあるが、現在はイラワラ地域と中部海岸地域で新陽性者が増えている」と新たな難問を挙げている。

 また、「州保健当局は、まだこれから突出する可能性もあり、9月11日の新陽性者1,599人をピークと宣言することをためらっている。しかし、現在の新陽性者平均発生数が下降傾向にあることは期待を持てる」と語っている。

 さらに、9月24日夜にボンダイ・ビーチの北端で若者が大勢集まってパーティを開き、警察が出動して解散させたが違反罰金通告書を1枚も発行しなかったことについて、「事件は警察の管轄だが、警察から提出された説明は前向きであり、警察官も、社会全般に公衆衛生規則がよく守られるようになってきていると述べている」と語った。

 9人の死者のうち、1人は40代、他の8人は60代から80代の年齢層であり、8人まで未接種患者だった。また、残る1人もまだ1回目の接種を受けただけの段階だった。
Across NSW, 85.2 per cent of the population aged over 16 years has received a first dose COVID-19 vaccine, with 59.2 per cent fully vaccinated.
■ソース
NSW records 961 COVID-19 infections and nine deaths

 CJM Lawyers  Harding legal 幌北学園 kidsphoto nichigowine
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る