カンタス航空、12月よりシドニー・東京路線再開

ジェットスターとも世界各地への航空路復活

 10月22日付ABC放送(電子版)は、11月からカンタス航空、ジェットスター社が徐々に世界各地への国際航空路線を再開する計画を発表したと伝えている。

 12月19日からシドニー・成田間路線の再開も予定されている。

 22日、アラン・ジョイス・カンタス航空CEOは、「国際航空路線再開に向けて社員を呼び戻し、体制を固めつつある」と語り、11月・12月に再開予定の路線を発表した。

 当面はシドニー発着が中心になるが、10月21日夜にはVIC州政府が、完全接種済みの海外からの旅行者についてはコロナウイルス・ホテル隔離を免除すると発表しており、ジョイスCEOは、メルボルン発着も続いて再開が可能になったと語っている。

 国際路線が再開しても、カンタス航空、ジェットスターの利用が認められるのは、豪医薬品管理局(TGA)の承認するファイザー、アストラゼネカ、モデルナ(モダーナ)、ジョンソン&ジョンソンの4種類のいずれかを完全接種している者に限られる。ただし、12歳未満と医学的な理由などで接種を免除されている者には完全接種義務は適用されない。その上で、搭乗前72時間以内のコロナウイルス検査で陰性判定を受けていなければならない。

 また、カンタス航空では、「海外に行く乗客は予め到着国のコロナウイルス規制条件を自分で調べておくこと」と呼びかけている。国によって、入国者の国籍やビザ、接種状態、出発地、さらには過去1,2週間から何か月かの間の通過地などによって様々な規制を設けており、到着地で入国できることの確認は乗客個人が責任を持って行わなければならない。

 シドニー国際空港からは11月1日よりロサンジェルスとロンドンに、11月23日よりシンガポールに、12月6日より(ダーウィン経由)インド・デリーに(インド当局との協議の結果による)、12月7日よりフィジー・ナンディに、12月18日よりバンクーバーに、12月19日より東京に、12月20日よりホノルルに、2022年1月5日よりヨハネスブルクに、1月12日よりタイ・プーケットに、1月14日よりバンコックに、それぞれ運航開始する。

 さらに、ジェットスターも12月18日よりメルボルンからシンガポールに運航開始。

 バージン・オーストラリア社も12月16日にシドニーから、12月17日にメルボルンから、12月18日にブリスベンからそれぞれ運航開始する。バージン社は社員全員に接種を義務づけているが、国際線の乗客には完全接種を搭乗条件にしないと発表している。
■ソース
Here’s where Qantas and Jetstar are flying to as international travel in Australia opens up

 CJM Lawyers  Harding legal 幌北学園 Azuma nichigowine 
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る