NSW州、新たに34,759人が陽性、21人死亡

同州の1日の死者最悪記録、入院も2,242人に

 1月12日付ABC放送(電子版)は、同月11日午後8時までの24時間に134,411人のコロナウイルス検査で34,759人が陽性と判定されたことを伝えている。また、死者も21人にのぼっており、国内の州、準州の1日のコロナウイルス感染死亡者数としては最悪を記録している。

 また、迅速抗原検査(RAT)検査陽性結果をService NSW appで報告することが義務づけられている。

 ケリー・チャントNSW州主席医務官は、「21人の死者は一部9月に遡って発生しており、検視法廷の審理結果を待って保留していた死者であり、すべてが昨日夜までの24時間の数字ということではない」と発表している。死者の内訳は男性17人、女性4人、また最年少者は30代、最高年齢は100歳を超えていると発表されている。

 また、コロナウイルス感染症入院患者数は前日から56人増えて2,242人に、また、ICU収容者数も5人増えて175人に、また、54人が酸素吸入装置を着けている。

 チャント主席医務官は、「ゲノム解析の結果、アクティブ感染者の90%がオミクロン株、10%のみがデルタ株と判明している。オミクロン株は症状がそれ以前の株よりも軽いといわれているが、ICUの患者の67%がオミクロン株だ」と語っている。

 また、NSW州保健局は、「昨日のPCR検査数がそれ以前よりも大きく減っており、従って、検査で発見された陽性者数は実際よりもはるかに少ない可能性がある」と語っており、1月7日には1日で45,000人の陽性者が出ていたが、PCR検査会場の混乱を減らすため、RATに切り替えるよう呼びかけがあり、それ以降は1日のPCR検査陽性者数もめっきり減っている。

 1月12日の記者会見で、ドミニク・ペロテー州首相は、「RAT個人検査で陽性と判定された場合にはService NSW appで報告することを義務づける公衆衛生命令に署名した。1月12日以降にRAT検査で陽性判定が出た場合に報告義務を怠った者は最高$1,000の罰金が課せられる。また、1月1日より11日までの間にRAT検査で陽性となった者も遡って報告を勧める」と発表した。

 また、「ただし、12日より発効の公衆衛生命令は1週間の猶予期間を置き、罰金言い渡しは1月19日以後の違反に限るようになる」と語っている。
■ソース
NSW sustains deadliest day of COVID-19 pandemic with 21 new fatalities

 CJM Lawyers  幌北学園 nichigowine  kidsphoto
日豪プレス 配布場所      日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る