NSW州のウイルス死者1人増え、全国で101人に

州政府は、「陰性の人も再検査を」と呼びかけ

 5月22日付ABC放送(電子版)は、NSW州でコロナウイルス感染者1人が死亡し、州では50人目、全国で101人目となった。

 また、州政府は、「これまでに検査で陰性の判定を受けた人もその後に陽性になっている可能性があるので再検査を受けて欲しい」と呼びかけている。

 22日、記者会見に立ったケリー・チャントNSW州主席医務官は、「昨夜、80歳の女性がシドニー西部のコンコード病院で亡くなった。女性は同病院の外来診療所で医師の診察を受けた時にウイルスに感染した可能性があるが、現在、同病院でコロナウイルス感染の恐れはない」と語った。

 NSW州では5月21日午後8時までの24時間に8,611人が検査を受け、新たに3人が陽性と判定され、州の感染者総数は3,084人になった。3人の陽性者は互いにつながりはなく、保健当局は、3人がシドニーの異なる地区で感染したのかどうかを調べている。

 チャント医師は、NSW州ではパンデミック宣言以後40万人を超える検査を済ませており、対人口比で非常に高い検査率になっている。一度の検査で陰性と判定されてもその後に陽性にならないとは限らない。呼吸器系の症状が出るたびに検査を受けなければならない。今後冬が深まるにつれて他の呼吸器系感染が急上昇することが考えられるため、検査を受けることが重要になる。検査をぐずぐずと引き延ばす余裕はない、と語っている。
■ソース
NSW coronavirus death toll climbs, bringing Australia’s total to 101, as Government urges more testing

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る