メルボルンの交差点で車の男が騒ぐ

フリンダース・ストリートの交差点で「逮捕してくれ」

 2月5日、VIC州メルボルン市で銀色の乗用車に乗った男が車を交差点の中に停め、車によじのぼって、警察官に向かって、「逮捕してくれ」などと騒いだ。男は間もなく逮捕されたが、テロリストなどとの関係はない模様。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 事件が起きたのはフリンダース・ストリートとウィリアムス・ストリートとの交差点で、目撃者の話によると、男は異様な運転ぶりで人目を惹いた」としている。

 午後2時頃、警察の「重要事件対応チーム」と地区警察官が同交差点内で26歳の男を逮捕した。

 州警察のダン・トリンブル警視の発表によると、「フリンダース・ストリートとスワンストン・ストリートとの交差点で市電の前に車を停めた男がいるとの通報が入った。男は車から降りて、自分の車の屋根にのぼり、そこで警察官に向かって、「ここに来て、止めてくれ」と叫んだ。

 その後、男は交差点の内側で銀のセダンを走らせ、さらにフリンダース・ストリートとウィリアム・ストリートとの交差点まで車を移動させ、そこでハザード・ランプを点灯させた後、警察官に逮捕された。

 トリンブル警視によると、男は武器は持っておらず、車内にバックパックが残されていたため爆弾処理班が出動して点検した結果、安全と判定された。

 また、テロリズムとの関係も否定されている。

 現場には10台ほどの警察車が停まり、当分は現場検証などがあるため、ドライバーには迂回が呼び掛けられていた。
■ソース
Police arrest man in Melbourne CBD after incident at intersection of Flinders and Williams streets

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る