連邦政府、コロナウイルス経済刺激策第二弾発表

660億ドルでウイルス閉鎖中の事業・雇用援助

 3月22日、スコット・モリソン連邦政権は、経済刺激策第二弾として総額660億ドルで主としてコロナウイルス閉鎖中の事業や雇用の援助を行うと発表した。同時に、国民に対して、「不要不急の旅行を控えるよう」呼びかけている。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 モリソン政権はさらに経済刺激策第三弾も編成中と発表している。また、野党労働党のアンソニー・アルバネージ党首は、「緊急の対策を要求される非常事態であり、党としてはこの政策が速やかに議会を通過するよう協力する」と立場を明確にしている。

 各州、準州、連邦の各政府は、コロナウイルス蔓延を抑制するため不要不急の事業所の営業停止を命じるなどの措置を予告しているが、それ以前にすでに国民には「用事がない限り人混みに出ることを控えるように」との呼びかけが出されており、喫茶店、パブ、レストランなどでは客が激減しているところもあり、すでに解雇も出ている。

 経済刺激策第二弾では、零細事業所は経営・雇用の援助として最高10万ドルの資金供与が受けられる。また、福祉受給者には最高$750の追加給付がある。これまで「Newstart」と呼ばれていた求職失業者援助金「Jobseeker Payment」は、当分の間倍額が支給される。また、スーパー年金引き出し年齢に達しない勤労者も、2020年度・21年度にそれぞれ1万ドルまでを引き出すことができる。最高25万ドルまでの保証無担保零細事業貸付なども行われる。

 刺激策第一弾、中銀(RBA)が発表した通貨政策などすべてを合わせると経済刺激策は総額が1,890億ドルに達し、オーストラリアのGDPの9.7%にもなる。

 労働党が経済刺激策の議会通過協力を約束しており、3月23日に登院する議員数は経済刺激策が通過するのに必要な最低限の数に限られると見られている。

 刺激策第一弾に含まれていた福祉受給者への$750の追加支払いは3月31日に予定されており、第二弾は約500万人の資格者に7月13日付で支給されることになっている。また、倍額支給になるJobseeker Paymentの支給は2週間ごとに$550が追加される。
■ソース
Government’s $66 billion coronavirus stimulus package seeks to keep businesses afloat and workers employed

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る