コロナウイルス関係アップデート 1. 6月23日

ビクトリア州の2桁発生続く、2校閉鎖

 6月23日付シドニー・モーニング・ヘラルド紙(SMH、電子版)は、VIC州メルボルン地域のコロナウイルス・ホットスポットと指定された地区の小学校2校で児童各1人が新たに陽性と判定されたため、同2校は閉鎖の上、消毒を受けていると報道した。

 連邦政府のグレッグ・ハント保健相は、オーストラリアをコロナウイルスを制圧した「アイランド・サンクチュアリー」とするため、かなり長期にわたって国境を閉鎖することになると発言した。

 世界的にはコロナウイルス感染者はすでに900万人を超えており、わずか8日間で100万人の新感染者が発生している。

 VIC州ではダニエル・アンドルーズ州首相が、「新たに17人の新陽性者が発生した。そのうち1人は海外からの帰国でホテルに隔離中、さらに2人は既に突き止められている大発生との関連が知られている。また、3人は通常検査で発見。11人については現在調査を進めている。この11人という数は感染源不明の市中感染であり、非常に大きな数字になっている」と発表している。

 このような事態に、VIC州政府はホットスポット6自治体に保健局職員を派遣して戸別訪問で公衆衛生のアドバイスを展開し、アンドルーズ州首相も、地区住民に呼びかけて職員と相談するよう勧めている。

 ホットスポット6自治体の地区はメルボルン北部および西部に位置し、周囲との接触に乏しい地区、多文化社会で構成されていることから、公衆衛生のメッセージが十分に届いていないことも考えられている。

 同日、グラディス・ベレジクリアンNSW州首相は、「本日、NSW州では市中感染は一件も発生していない。NSW州州民はメルボルン地域への旅行を極力避けるように」と呼びかけている。

 VIC州のコロナウイルス感染者急増の感染源として、家族親戚の集まりが考えられており、メルボルン地域内の複数の診療所に勤務しているGPは無症状感染で大勢の人に感染させている。また、海外からの帰国者を隔離収容しているホテルで収容者の世話をしている警備員が感染し、広げている。
■ソース
Coronavirus updates LIVE: Two Melbourne schools closed after students test positive for COVID-19; Australia’s borders to remain closed

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る