シドニー地域複数のレストランなどにコロナ注意報

チェリーブルックの女子高校、2週間の学校閉鎖

 シドニー西部チェリーブルックの女子高校で生徒2人がコロナウイルス陽性と判定されたため、同校の生徒全員が2週間の自己隔離と検査を指示された。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 同校、Tangara School for Girlsは、8月24日まで学校閉鎖されることになった。

 この日は10人が新たに陽性と判定され、7人は既知のクラスターの関連で、1人はチェリーブルックの女子高校の陽性生徒の家族。また、2人が感染源不明で調査中となっている。また、1人は海外帰国者でホテル隔離中の検査で陽性と判定された。

 NSW州保健局によると、過去1週間の陽性者のうち9人が感染源不明の市中感染となっている。また、8月5日、6日にペナント・ヒルズのアガサズ・チャーチの祈祷に参列した1人が陽性と判定されており、同日の同じ教会に出席した人には症状に注意するよう警告が出ている。

 NSW州保健局は、キャンベルタウンのハードウエア・ストア、バニングズの社員1人が陽性と判定され、さらに同人が8月2,5,6日に出勤していたことが明らかになった。同社員は勤務中はマスクを着用し、社会的距離も保っていたが、同店の全社員と同日に同店を訪れた客全員に症状に注意するよう警告が出されている。

 また、ホーンズビー病院救急科の医療従事者が8月6日に勤務した後、陽性と判定されている。この陽性者は患者と接する時には常にマスクをしており、救急科の業務には影響はないと発表されている。

 パラマッタ市のOur Lady of Mercy Collegeでも、生徒1人がコロナウイルス陽性と判定されており、ディープ・クリーニングと接触追跡のため、学校閉鎖になる。
■ソース
Coronavirus alert for multiple Sydney venues, with Tangara School for Girls closed for two weeks

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る