メルボルン市南東ケーシー市クラスターは5家族

5km圏内、家庭訪問などの規制に違反、感染

 VIC州メルボルン市の南東の成長を遂げる自治体として知られるケーシー市で発生したコロナウイルス・クラスターはメルボルン市の5家族が外出は自宅から5km以内に限る、家族以外の者の住居を訪ねることを禁止するなどの規制措置に違反して移動し、友人宅を訪問したために感染が広がったことが突き止められた。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 VIC州保健省は、「VIC州で高齢者介護施設以外では最大のクラスターになったケーシー市のコロナウイルス大量感染は、たった5家族が規制に反して動き回り、家族で互いに訪問し合い、ウイルスを広めていたことが突き止められた。

 保健省のジェリーン・ワイマー氏は、「限定されたそれほど頻繁でない接触で34人が感染した」と語っており、5家族はそれぞれハラム、クライド、ナレ・ウォレン・サウス、クランバーン・ノースに居住する5家族だった。

 この事件に、ダニエル・アンドルーズVIC州首相は、規則のないリラックスした環境ではまったく感染防止措置がないものだ、と語っており、ケーシー・クラスターで最初の陽性検査結果が出たのは2週間前の9月4日だったが、それから一挙に34人の感染者に膨れ上がった、と書いている。

 厚生省(DHHS)のコミュニティ参加検査部長は、メルボルン市南東部のクラスターは5家族から広まった、として、「5家族が違反し、互いに訪問し合っていたために起きたクラスター事件の問題の根底まで時間をかけて粘り強く掘り返すことを続けなければならなかった」と述べている。

 さらに、「これまで見てきたのは個人が生活必需品を買うためにごく普通の外出をするというものだったが、今回は自宅から5km以上も離れて互いに訪問し合っていたという」と語っている。

 さらに、「たったそれだけのことなのに34人の陽性者を出している。コロナウイルスがどれほど脅威であるかはこれで分かると思う」と語っている。

 DHHSでは、「ケーシー市、ダンデノオンの住人はどんなに軽い症状でも検査を受けるよう」呼びかけている。
■ソース
Casey coronavirus cluster centres on five Melbourne households that broke the 5km limit and home-visit rules

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る