“若々しいハリのある顔”

Yasukoのビューティー・ソリューションメイクで美人に !
Yasukoのビューティー・ソリューション
目指すのは“若々しいハリのある顔”


メイクの悩み:
乾燥肌で、最近肌のつやがなくなってきたように感じます。日ごろの手入れ以外で、メイクでも肌につやを出してハリがあるように見せることはできますか ?


読者モデル:原田朋佳さん  37歳   職業:翻訳者
(写真)After


Yasukoのビューティー・ソリューション(写真)Before


今までのメイク診断
 オーストラリアの紫外線と乾燥した空気の影響で、乾燥肌の人はとても多いのですね。日ごろの肌の手入れで、肌の乾燥と日焼けを防ぐのはもちろん大切ですが、メイクでも肌をしっとりとつややかに見せる方法はありますよ。
メイク・カルテ
 最近主流のベースメイクは、より透明感、より素肌感を出すメイク法。パサパサとつやのない肌、粉浮きした肌はそれだけでも時代遅れ。老け顔に見せる原因にもなりかねません。そこで登場するのが「つや感」を出してくれるコスメです。
 最近はどのメーカーでもつや肌に見せる化粧品を多数そろえています。適度につやのある顔は、肌にハリ、潤いを醸し出し、透明感のある肌に見せてくれます。ただ、つや肌コスメの「使いすぎ」には注意が必要です。ベースメイクすべてに使用してしまうと、今度はつや肌ならぬ「テカリ肌」に。つや肌コスメは1点に絞り、自然で生き生きとした肌作りを目指しましょう。
 つや肌用コスメは、メイクアップ・ベース、ファンデーション、フェイス・パウダー、ハイライトなど、ベースメイク用コスメすべてに該当します。名前にBRIGHTER、PEARL、LIGHT、ILLUMINATE、SHININGなどの文字が付いていることが多いので、それで見極めてもよいでしょう。つや肌に見せているのは、化粧品に含まれるパール感。つや肌コスメかどうかや、つや具合を確かめたい場合は化粧品のテスターを手の甲に伸ばし付けて、照明の光に当ててみましょう。ほのかにパールのきらめくものが、肌に付けて自然に馴染むパール感です。中にはラメ粒子の含まれているものもありますが、ラメはアイメイク、リップ、頬骨など部分使いにして、肌全体への使用は控えめにした方が上品に仕上がります。
 朋佳さんは肌全体にほのかなつやの出る、パール入りのメイクベースを使用し、さらにCゾーン(眉下の骨の出ている部分と頬骨の出ている部分を繋いだ部分)にライトベージュのクリームハイライトをプラス。肌に自然なつやを出すことで、フレッシュで生き生きとした印象に仕上がります。

-元の眉を生かし、眉毛の薄い部分のみを描き足す。
アイメイク
-眉下にパールホワイトのハイライトを入れる。ラベンダーのシャドーをアイホール全体に入れ、まつ毛のキワにはダークパープルのラインを入れ、さらにその上にダークパープルのシャドーを重ねる。下まつ毛の隙間をグレーのラインで埋め、さらにその下にラベンダーのシャドーを重ね入れる。
チーク
-頬の中央から頬骨に沿ってピンク系のチークをふんわりと入れる。Cゾーンにはライトパールベージュのハイライトを入れて肌に自然なつやと透明感をプラスする。
口紅
-ピンクベージュのペンシルライナーで唇の山を綺麗に描き、ローズ系の口紅を塗る。唇中央にパールピンクのグロスを付けて唇全体に広げるように塗る。


Yasuko Taguchi
Yasuko Taguchi / Hair&Makeup Artist
日本で有名雑誌のメイク・ページ、ファッション・ページ、広告CFのヘア・メイクを手がけ、現在シドニーでモデル、タレントのCF広告撮影、ファッション・カタログおよびブライダルのヘア・メイクなど幅広く活躍中。また、キレイを磨く徹底実践メイク講座「パーソナルメイクアップレッスン」も好評開講中。
お問い合わせ : 0419-256-829(YASUKO Mobile)  
Web : www.hmaquarius.com

    日豪プレス キレイになろう特集 テイクアウェイ特集2020

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る