国際派エンジニアを目指す①

オーストラリア留学でキャリア・アップ


オーストラリア留学でキャリア・アップ

留学会社のカウンセラーが、オーストラリアのさまざまな学部・学科をご紹介。
国際派エンジニアを目指す①
 エンジニアというとどんなイメージがあるでしょうか ? 機械油にまみれて機械をいじっている人、自動車の修理工、手先の器用な人、などでしょうか。エンジニアとメカニックは重なる要素もあり混同されやすいのですが、大雑把に分けると研究職がエンジニア、実践職がメカニックです。オーストラリアでは、このエンジニアとメカニックの両人材が不足しているため、分野にもよりますが永住ビザの取得に有利になっています。


 日本では過去20年間「国際化」が言われ続けてきましたが、なかなか「化」、つまり国際社会に変わりつつあるという域を出ませんでした。しかし、さすがに情報革命後のここ数年間で日本社会も随分国際的になってきました。これはITの分野に限らず、エンジニアリング、金融、サービスの分野すべてにいえることです。
 日本は70年代以降、工業分野、技術革新においては世界をリードしてきました。しかし近年は頭打ちとなり、国別の国際競争力を見ても、高い技術力という評価を維持しているにもかかわらず、年々順位が下がっているのが実状です。理由は技術を商品化できていないことに尽きます。その一因として、世界共通語である英語でのコミュニケーション力不足のため、世界と情報のトランスファーができていないことが挙げられています。実際に大手・中堅企業のエンジニアの人から「現場に出て英語力の必要性を実感した」という声も多く聞かれます。また弊社も含め、留学生のUターン就職(留学先から日本に帰国しての就職)の斡旋会社は口をそろえて「英語のできるエンジニアが欲しい」と言いますが、現実には海外留学生は文系学部生が多く、理系学部生は非常に少なくなっています。
 2005年に日本もワシントン・アコードに正式加盟し、日本の技術力や技術者教育が名実ともに注目を集めています。この機会に海外の大学に留学し、技術と理論、そして学位と英語力のすべてを身に着けるという選択肢を、より多くの人が考えてもいい時代になってきました。
 今回を踏まえ、次回はオーストラリアにおける事情をお伝えします。


オーストラリア留学でキャリアアップ

山口幸司(やまぐち こうじ)
金融業界経験後、シドニー大学院MOTコースに留学。現在スタッフ・ソリューションの留学カウンセラーとして日豪の就職に有利なアドバイスを行う。

 幌北学園 blancpa novel-coronavirus nichigowine  kidsphoto

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る